フラット35Sの審査が通らなくなる!?厳しくなる審査基準と時期について解説してみる。


ええっと住宅購入を検討している皆様に悲しいお知らせがあります。

フラット35の審査の基準が平成29年10月から厳しくなります。

10月1日からです!! 銀行の方に聞いたので間違えなく決定事項です。

特に年収が400万円以下の方は大ピンチです。もしかすると住宅ローンが通らないゆえに購入を諦めなければいけなくなります。

フラット35は、自営業の方・低年収・持病がある方など、都市銀行で住宅ローンを組むことができない方が使用する最終手段になります。ゆえに住宅ローン審査が通らない人が増えるでしょうね。

建売業者の一社員の私としては、フラット35Sの審査基準が厳しくなるのは死活問題です。

では具体的にどう厳しくなるのかを説明させて頂きます。
スポンサーリンク

審査基準が厳しくなれば、今までの審査方法と比べて100万円以上借りられなくなるケースもある。


フラット35の審査基準は大まかに言えば2つです。

・返済比率が年収400万円以下の場合は30%以内、400万円以上は35%以内であれば、よほどのことが無い限り借入れすることができます。➡今回の審査内容変更には該当しません。

 

問題はこっから!

・今までの審査金利が審査する月の実行金利が審査金利でした。しかし平成29年10月1日からは審査する実行金利+団体信用生命保険の金利0.375%を足した金利で審査します。

審査金利が0.375%足されただけだろって思っている方・・・まさかこの金利を上乗せしただけで自分が100万円以上借り入れできなくなるって思いませんよね。

例を上げましょう。

年収350万円の20代の夫婦が、物件価格9割の3000万円を35年間で借り入れをした場合の返済比率は?平成29年7月金利(1.09%)で計算します。

従来の審査基準であれば、毎月の返済金額が85,949円になります。年間に直すと1,031,388円です。返済比率を出す計算式は年間支払額÷年収になります。

1,031,388÷350万円=29.46% なので電卓上では借入れすることができます。

しかし平成29年10月以降では・・・

審査基準変更後の毎月の返済金額は、団体信用生命保険代の金利(0.375%)プラスするので91,341円になります。年間に直すと1,096,092円です。

1,096,062円÷350万円=31.31%なので借入れすることができません!

厳しくなった審査基準ではいくらまで借り入れ出来るか!?計算したところ2,870万円までであればギリギリ借り入れすることができます。

審査基準が変わることで、130万円も借入れすることができなくなってしまいます。

たった100万くらいと思うかはあなた次第ですが、少なくとも私は、あと100万円借りられれば住宅購入ができたというお客様を何人も見てきております。

 

平成29年9月末までに本申込みを行えば従来の審査方法で審査することができる。

スポンサーリンク


上記の審査方法の変更で、フラット35Sの審査基準が厳しくなったという事はご理解いただけたと思います。

これからフラット35Sの審査をする方であれば、平成29年9月末までに本申込みを行えば従来の審査方法で審査することができます。特に年収が低い方は返済比率によって借り入れができなくなる方が増えますので、早めに本申込みをしたほうが絶対に良いです。

あと事前審査はやっても意味がありません。詳しくはこちらの記事でご紹介しております。

フラット35の本審査を通したい人は事前審査をすべきではない理由とは!?



 

更に追い打ち!平成29年10月からはフラット35Sの金利優遇が低くなる。


フラット35は今年の10月以降で審査が厳しくなるだけではありません。フラット35Sの金利優遇が少なくなります。

ただこれから代用されるであろう制度「子育て支援制度」による金利優遇も適用されてくると思いますので、平成29年10月以前に借り入れをするか、10月以降に借り入れするかは、あなたの住宅購入時期にて比較検討してみる必要があります。

フラット35Sに終止符!?金利優遇が0.3%から0.25%になる前に知るべきこと



子育て支援型のフラット35sが凄すぎ!優遇措置併用でネットバンク並みの金利に!?


まとめ

フラット35を借り入れしている方が体感でも2人のうち1人です。つまり半分ぐらいの方がフラット35を使用するので、フラット35の審査が厳しくなるってことは売り上げにも直結しそうで怖いです。

マイナス金利の影響で、ついに住宅支援機構も本腰を入れて借り入れを規制しにかかっているのかもしれません。

しかし土地がどんどん高くなっている今、審査基準まで上げてしまったら住宅を購入する人が少なくなってしまうので国としてもう少し考えてほしいなと思った次第です。

 

とにかく10月からフラット35の審査が厳しくなるってことを覚えて頂ければ幸いです。

 

この記事が役に立ったと感じた方が、シェアかハテブやシェアを頂けると非常に喜びます。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です