家を買った人は人生の勝ち組?住宅購入から得られるステータスとは



最近、車庫スペース2台分の建売住宅が欲しくなってきた秋です。いま私は実家に住んでいるただの寄生虫ですが、結婚をするとしたら賃貸に住まずに家を買おうと思っているほど家が欲しいです。

世の中の動きとしてはアべノミクスなどで景気はよくなっているといわれているものの、私たち末端社員では給料が上がらないせいで家は欲しいけど買えない方が多く、賃貸住宅で暮らしている方が多い。

そのせいか最近では家を買える人が非常に少ないので、住宅を購入できる方は人生の勝ち組ではと思うようになってきています。てかフラット35の審査が厳しすぎる!!

それでもあなたが住宅を購入しようと考えているのであれば、実際私は家を売っている人間なので、住宅購入をお勧めしております。なぜなら家を買ったとなれば周り人が勝手にあなたに対しての評価が変わるからです。

住宅購入から得られるステータスをご紹介させていただきます。


スポンサーリンク

住宅購入が出来たからといって人生の勝ち組なのか?

住宅購入ができたからといって、人生の勝ち組かというとはっきり言ってそうだとは思わない!

住宅購入というのはあくまでもその家族がのびのび暮らすための手段であって、住宅購入がゴールではないと思っています。

住宅購入だって一歩間違えると破産などしてしまい、人生の負け組になる可能性も秘めております。つまり購入する住宅を間違えれば、破産だってあり得るわけ。

でも住宅を購入すると、あなたに以下のステータスが付加されるのも事実。

家を建てれば1人前という社会がまだ残っている。家を買った人は一目置かれる存在!


男なら人生1度は家を建てるべきという言葉を聞いたことはありませんか?私は小さい頃におばあちゃんに教えてもらった記憶が有ります。

家を建てるには大金が当然必要になりますが、それ以外にも購入する決断力、家族の協力、不動産に対する最低限の知識が必要です。一人前の男は一家の大黒柱としてその責任を負うのが日本の美学として現在の50代以上の方に強く根付いている気がします。

年齢が若くして家を買うと上司はもちろんですが、50代以上の部長クラスに一目置かれる存在になります。

特に20代で家を持つというのは10人に2人もいないのでかなり注目されます。そして家を買うという事は借金を背負うことになるので、仕事に対しても借金を抱えている若手と、抱えていない若手であれば借金を背負っている若者のほうが仕事に対して積極的だったりします。

仕事に積極的な若手は上司にとっては可愛いものですから出世や昇給にもつながります。現に私も不動産投資をしており、仕事に積極的に取り組んでいたので若手内で最速で出世をさせて頂きました。

スポンサーリンク

家を持つことで世間体を気にする必要が無くなる。


家を購入する事で世間体が気にしなくなったというお客様がおられました。齢を取ってくると結婚しており、子供もいるのにも関わらずいつまで賃貸住宅に住み続けているんだと思われる方もいらっしゃいます。

また世間体が気になるのは本人ではなく自分の親や嫁の親に思われているかもしれません。

世間体が気になる原因として考えられるのは、日本の理想のライフプランニングのイベントに住宅購入が深く根付いているのが原因かもしれません。

住宅を購入して初めて幸せな家族と思ったり、上記で上げた通り男の人であればやっと一人前になれた!!っていう解放感があると思う。賃貸住宅で住んでいても立派な旦那さんであることは間違えないんだけど、日本の教育のせいで世間体を気にする方がいるのは事実です。

もしあなたがいい年をしているのに、賃貸住宅に住んでいるのが恥ずかしいなんて思ったら、思い切って家を買ってみるのはいかがでしょうか?


まとめ

あなたが住宅を購入した後のステータスについてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

住宅購入をすると自慢の家を誰しも自慢したくなりますよね。家を購入すれば、今の日本社会では一人前に認められて世間体を気にしなくなるのもまぎれもない事実です。

私も不動産投資で物件を購入して感じたことですが、周りとの収入の比較などで世間体を気にする必要が無くなりました。

家を買う事で世間体を気にせずに、自分の理想の生活に少しでも近づける!これが住宅購入をした時についてくるステータスの正体です。

住宅購入を考えているのであれば、前向きに検討してみてはいかがでしょうか?

年収が低い方でも住宅を購入することは可能です。こちらの記事が参考になります。

年収300万円の20代が無理な支払いをせずに新築戸建てを購入する方法
20代前半で年収が300万円しかない方が、住宅を購入することは可能なのでしょうか?私は可能だと思っております。20代前半の方...



最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク