電柱を100本近く移設した私が教える電柱移設時の注意点とは?


建売用地を購入するときに、毎度毎度電柱移設を行っている秋です。あなたが購入しようとしている不動産の目の前に電柱はありますか?電柱あるよって方はぜひ見ていただきたい記事です。



電柱が目の前にあると邪魔だし、家の景観が損なわれますよね?隣地との土地の境界線上に電柱が有るのであればマシなのですが、車庫の前に電柱がある場合は最悪です。これはなんとしても移設しなければなりません。

こんな状態・・・


電柱は私たちの生活上必要不可欠なものなので、すぐに撤去することは難しいです。撤去するとしても他の電柱を太くしなければならない等の事情が出てくるため、近隣の方々への承諾が必要です。そして近隣の方の承諾が必要になった場合はその移設や撤去は難しいと考えるべき。

今回の記事では電柱の移設時の注意点もまとめていきたいと思いますので、電柱移設を考えている方はぜひ参考にしていただければ嬉しいですね。


スポンサーリンク

これだけは押さえろ!電柱移設は近隣の方の承諾は得られるものではない。


電柱移設って非常にめんどくさい問題でございまして、電柱を自分の敷地の目の前に持ってこられて嫌がらない方ってまずいないんですよ。

なんでって?



邪魔なだけだから

電柱は誰にとっても邪魔なだけなんですね。

私も電柱移設をする際に、近隣の方の敷地の目の前に移設って話を毎回させて頂きますが、まず断られます。(笑)



電柱を移設する時はこれだけは覚えといてください。



「自分の土地境界線までが電柱移設ができるエリア」

です。

最近では隣地の方以外にも道路の対面の方の許可まで得ないといけないらしいので、ここがめんどくさい話なのですが、道路向かいの車庫の位置も考慮して電柱移設をするのがポイント!


敷地内にある電柱を公道に移設するのは難しい。

敷地内に電柱があって、家を建てるときに邪魔だと考えたあなたが、電柱を目の前の道路に移設しようと考えるはずです。実はそれも難しいってご存知ですか?

何でと考えたあなたは2つのポイントをお伝えします。

最近の市や区などは電柱設置を許可しなくなってきている。

最初にあげた前提事項で、電柱は誰にとっても邪魔なものであるというお話をさせて頂きました。これは役所等も例外ではありません。

電柱を仮に前面道路(公道)に移設をした場合に、対面の人に役所が文句を言われる可能性があります。これを避ける為には、移設の段階で役所が許可しないことだってあるのです。


移設によって周りの電柱と電線の接続が困難になる場合はNG


上記の図を見ると、周り電柱も隣地の敷地内に電柱が有ります。周りの電柱が敷地内にある場合は、電線接続の影響上、公道側に移設することができないケースが多いです。私たち建売業者はそんな物件を購入はしません。

もしあなたが注文建築をする敷地内に電柱が有る土地であるとします。周りの電柱が近隣の方の敷地内に電柱があることを確認したら、電柱を敷地外に移設できないと思っておきましょう。

電柱移設で1mだけ移設することは技術上不可能なんだって!

スポンサーリンク


今ある電柱があと1mぐらい移設できれば、もしくはあと数十センチ移設できれば、車の出し入れに邪魔じゃなくて済むんだけどって思っている方はおりませんか?

今私が担当している現場でもあと数十センチ移動できれば車庫の出し入れに問題が無い物件なのですが、東京電力いわく、数十センチ移設するってことは物理学上できないとのことです。

実は電柱移設とは、そもそも既存の電柱を新しい場所に移設する事ではありません。



うん?と思ったあなた!私も最初は電柱を移設させる事だと思っておりました。でも実際には違います。

電柱移設をする際は、希望する位置に新しい電柱を入れて、新しい電柱に電線やケーブルボックスなどを差し替えてから、既存の電柱を引っこ抜くのが電柱移設なのです。

決して既存の電柱を移設するわけではないので要注意。理由としては新設した電柱にあらかじめ電線や、ケーブルボックスを差し替えておけば、既存の電柱を引っこ抜いても停電はしないからね。

逆に既存の電柱を移設させると、その間は停電が起きてしまうから、これだけは避けなければならないのです。

数十センチ移設ができない理由としては、既存の電柱と新設予定の電柱が工事中にぶつかるため。

電柱を新設する際に、既存の電柱との間の空間が無ければ、新設予定の電柱と既存の電柱がぶつかってしまいます。仮に既存電柱と新設電柱がぶつからなかったとしても、電柱を地中に入れる際の工事、既存電柱を抜柱する際の工事ができないのが主な理由だそう。


電柱移設予定の地中にガス管、汚水桝があった場合は移設できない。


電柱移設予定の場所がせっかく決まったとしても、あなたのライフラインであるガス管、汚水桝、給水管が設置位置の地中内にあった場合は、残念ながら移設することはできません。

ちなみに東電さんいわく、ライフラインの管から最低でも2mは離して工事をしたいといっておりました。

せっかくあなたにとってベストな電柱移設位置であっても、ライフラインがあれば電柱工事をすることができないのです。


解決策:思い切って敷地内に電柱を入れてみれば!?

もし移設先が上記の理由等で見つからなかったとしたら・・・電柱移設は諦めるべきなのでしょうか?

そんなときは思い切って電柱を敷地内に移動する事をオススメします。敷地内に電柱を要れるメリットとは3つあります。


近隣に電柱移設の許可が要らない。

公道に電柱を移設する際には隣地の方や道路向かいの方の承諾が必要になる場合がありますが、敷地内に電柱を入れる事で承諾が不要になります。もし敷地内に入れられるスペースがあれば電柱を要れるのもアリ!


電柱移設費用が無料になる。

電柱移設は敷地内に電柱を要れることによって、本来10万円~15万円ほどかかる電柱移設費用が無料になるケースが有ります。


年間1,500円ぐらいの地代がもらえる?

電柱を敷地内に移設すると、あなたの土地の上に電柱を設置することになるので、設置部分の土地に対して賃貸借契約が発生します。その際の費用が年間たったの1,500円ほどですが、移設費用が無料な上に、お金がもらえるですよ。敷地内移設もわるくないでしょ?

まとめ

電柱移設の注意点についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?電柱移設は電気会社に言えばある程度は対応していただけますが、電気会社にもできない電柱移設も存在します。

もしあなたが電柱移設が必要な物件だった場合は、移設する際の注意点も踏まえながら、購入する事をお勧めします。

この記事が役に立ったと思った方は、コメントやハテブを頂ければ非常にうれしいです。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク