【永久保存版】不動産会社に行く前に実践してほしいたった2つの家の探し方


住宅探しのゴール

あなたが家を探すときに、どうやって見つけますか?おそらくは、インターネットで、自分が決めた予算内で物件情報を見るか、近くの不動産屋さんに訪問して物件を紹介してもらうなど予算から決める方法が多いと思います。
予算が一番大事でしょうと思ったあなた・・・


その前にやることがあるでしょう!
叫ぶ
と心から言いたい。

物件は予算から決めるなということを・・・

突然ですがあなたが「あ・・家を買いたいな」っと思った時はどんな時ですか?
多くの方はこう答えると思います。


・子供が生まれたら今の家じゃ狭いから引越しをしたい。

・家賃がもったいないから、家賃より安い住宅購入したい。

・現在社宅に住んでいて、社宅を出る為、会社から近いところで探している。

・今住んでいるところより、住環境の良いところに引越しをしたい。

などが挙げられると思います。1つ1つの理由を見ても利便性を望んでいる方もいれば、ゆとりある生活を望んでいる方もいます。

この理由の違いで購入する物件が大きく変わるはずです。ゆとりを望んでいる方に
利便性は良いけど、住環境は悪く、狭い住宅を購入したらどうでしょう?


おそらく住宅を購入に不満が残ると思います。

不満が残らない為にも、不動産屋さんに行く前にノートにこれからご紹介する作業を一緒にやってもらえればと思います。それがあなただけの満足する住宅購入のゴールを記す地図になります。
スポンサーリンク

step1:住宅を購入する事でどんな生活を送りたいか

生活スタイル
住宅を購入する一番の動機になるポイントをなんでも良いのでノートに書いてみましょう。

例えば

・今の賃貸のお風呂は足を伸ばせないから、足を伸ばしてお風呂に入りたい。

・子供の部屋数がたりないから、家を買ったら子供の部屋を作ってあげよう。

・今の家は庭がないから、庭付きの家を買ったらガーデニングをやりたい。

・今のキッチンは狭いから料理がやりずらいから、広いキッチンがある家に住みたい。
など沢山の要望が出てくると思うんですよ。イメージすればね。


住宅購入はみんなが購入しているからって言って買うものじゃないです。特に住み替えたい動機がなければ、

一生賃貸でいいんじゃね!?

なっちゃいます。

住み替えたい理由が挙げられたならそれは同時に、今の住まいの不満点も挙げられたことになります。

動機が決まらないと、住宅購入の条件も決まらないので、不動産屋さんも物件紹介に困ってしまいます。満足いく住まい探しの核になる動機の部分をしっかり書きましょう

step2:動機から優先順位を決める。

優先順位を決める
住宅購入への動機が決まれば、物件に対する条件がを決める事ができます。物件の条件を決めるにあたっては3つの視点で考えていきます。

 立地・住環境の優先順位は?

landscape-1602016_960_720
子供の子育ての為に住宅を選ぶ場合は、小学校の学区で選ぶ場合もあれば、通勤などの利便性を求めていれば、最寄駅の駅名や駅までの距離を重視すると思います。ここでは主に
・子供の小学校の学区


・駅までの距離と駅名、職場までの距離

・親の実家の近くか?

などで探されている方が多いです。この中で外せない条件があれば、それを追記してください。当然ですが、あなただけの条件もあるのでそれも優先順位を決めて下さい。
後悔する住宅購入ベスト3の住環境の失敗!結局ところ住環境は何を見ればいいの?
住宅購入を選ぶ上で非常に大切になってくるのが、家が建つ立地の住環境だと思います。住環境の選び方を誤ってしまうと住宅購入に関して後悔す...

土地・間取りの優先順位は?

new-home-1633878_960_720
次は購入する物件の特徴に優先順位をつけていきます。ここでは主に

・土地の広さは何坪以上か?

・南道路の物件以外はNG?日当より間取り重視?

・2階建てか、3階建てか?

・カースペースは2台以上必要か?
などになります。 ここは特に順位付けをしてほしい項目になります。土地・間取りに関しては物件の価格にも直接影響してくるところになるので、予算オーバーになった時はここの項目から希望条件を調整して、自分の予算内で購入する為です。

土地を安く購入する方法をまとめました。

安い土地探しのコツとポイントを解りやすく現役建売デベロッパーがまとめてみた。
建売住宅で少しでも安くて広い建物に住みたいと考えている人、もしくは注文住宅で建物にこだわりたいけど、価格を少しでも抑えたい方! ...

家族希望条件の優先順位は?

家族
購入した住宅に一緒に住む家族や、資金援助をしてくれた親の条件の項目になります。当然住宅購入は一緒に住む家族の同意を得られなければ出来るものでもないので、ここも考えていきます。
・水回り関係は全て同じフロアにある間取りがいい!

・LDKは16畳以上ないと嫌だ。

・車の出し入れが苦手だから道路が広い物件がいい。
これらも夫婦で事前に話し合う事で、住宅購入の方向性が見えたり、夫婦喧嘩をしなくて済みます。←夫婦喧嘩が起きたらしばらくは住宅購入は無理です。笑 この記事が参考になります。

夫婦喧嘩の原因になる住宅購入の条件の食い違い!?主な理由と解決策は?
SUUMOの雑誌で妻VS夫の家さがし食い違い解決法というコーナーを読んでみて思うことが、そういえば、私の接客していたお客様でも夫婦喧嘩してい...
3つの視点で優先順位をつけることで、あなたが一番挙げた動機の生活を叶えるの物件を見つけられるはずです。この作業をしてからスーモで物件を探すなり、不動産屋で物件を紹介してもらいましょう!!
優先順位をつけることで、購入する物件を絞ることができます。

条件が全く決まっていない方を接客する不動産屋のホンネ

max86_gaijinnohannou20140531_tp_v
最近は住宅探しをしているお客様で、全く条件を決めずにご来店されるお客様がおります。特に住宅探しを始めたばっかりの人が多いかな?

来店されるのは非常に嬉しいです。本当に・・でもね。

条件が決まっていない方を接客時、不動産屋の気持ちとしてはこう思うです。

で・・何!?条件が決まってないのに
どうやって物件を紹介・提案しろっていうの?
ここまでは大袈裟かもしれないけど、購入動機や住宅を探す条件が決まっていないと、当たり障りの提案や物件紹介だけしかできないので、多分あなたに本当に必要な提案ができないと思う。

物件紹介と一つとっても、住環境の良く広い家を求めている人と、利便性を求めて駅近の物件を求めて人では、不動産営業マンにとって本当にいい物件でも購入動機が変われば、希望条件に合わない無意味な提案になってしまうのです。

不動産営業マン・住宅営業マンは住まいの事や、住宅ローンなどは希望条件等を聞かなくてもすぐに提案することはできます。ただあなたが住宅が欲しいと思った動機については、提案や物件紹介で変えることができるかといっても難しいんだよ。

営業マンだって契約が欲しいからお客様に最善の提案はするけど、それが本当にあなたの為の提案なのかはわからないんだよね。動機が決まっていないと、御用聞き営業になっちゃう。

要は住宅購入動機とは住宅購入の軸になります。軸がしっかり決まっていれば、軸に沿った物件を営業が紹介すれば比較的希望条件に近い物件をご紹介していただくことができます。

動機という軸がしっかりしていないと物件購入できなくなる。

country-lane-428039_960_720
動機が決まっていない段階で、物件紹介・物件の現地を見てみると各物件の良い所と悪い所がわかってくると思います。

それについてはとっても良いことだと思います。物件について理解してきている証拠です。

購入動機が決まっている方であれば、そこから精査して物件を決めることや、断ることができるのですが、購入動機が決まっていない方だと・・・

Aの物件は日当たりが良いし建物も広いけど、駅から徒歩30分は遠いな~~

⇩決められず。

Bの物件は駅から徒歩8分で駅近だけど、日当たりが悪いし、建物が狭いよね。

⇩決められず。

Cの物件は駅から15分だけど、建物も広い!でも日当たりは悪い。

⇩決められず。

Dの物件は駅も近く・日当良好・建物が広いが金額が予算オーバー

⇩決められず

ようやく決断をしようかなって思った矢先に他の人が購入・・

無限ループ・家探しにつかれてフェードアウトへ・・・

私の経験でも4週連続でご案内させていただいたお客様がおりましたが、住まい探しの購入の動機がわからないって方は、各物件で色々なところを悩んではいるものの最終的な条件がない為に、物件購入ができずに結局そのお客様は賃貸に住むという決断をされてしまいました。

私の営業力がなかったといえばそれまででしょうが、私の営業力だけの問題であれば他の住宅を購入していたはずです。今はどうしているのでしょうか?Fさん

住宅探しに完璧な家はない。満点を目指さない。

100点満点
色々な物件を見ると、なかなかあなたにとって完璧な物件・100点満点の家が見つからない・・

条件に合う完璧な家を探すの!!と気合を入れて探すのは結構ですが、住宅営業マン・不動産営業マンのから言わせていただくと・・



完璧な家だと!?

人生で3回家を建てないとできないよと・・



あなたの思っている完璧な家が存在すればすぐに購入すべきなのですが、100点満点の家じゃないと購入しないとおもっているあなたは認識をすぐに改めてください。

世間では完璧な家を建てるには3回注文住宅で家を立てて初めてできるといわれております。

いまあなたが注文住宅で家を建てようとしていても、土地の立地によっては完璧な家ではないかもしれません。また住み始めてから「あ・・こうすればよかった」っていうのが結構出てきます。

特に建売や、マンションなどですでにあるものから100点満点の物件を見つけるなんて至難の業です。100点満点の物件があったら即購入してください。

結局は100点満点の物件は難しいので、80点から90点以上の物件があれば買いだと思います!!

優先順位の高い条件を満たしている住宅を購入する。

survey-1594962_960_720
100点満点の物件でなければ、希望する条件のどこかを削らないといけないことに気が付くでしょうか?

そこで使うのが、step2で決めた住宅購入の条件から優先度の低いものを外すというものになります。

これができると、優先度の高い条件で予算に合う物件が見つかるんですね。それをすぐに購入すべきとは言いませんが、あなたにとっての住宅購入の動機を達成できる物件あることは間違えないです。

予算オーバーや希望条件の一部が達成できないような不動産でもあっても、優先順位を決めているので、順位の高いものを選んでいけば家探しをすれば、必然的にあなたの住宅購入をしようと思った動機を達成でき、満足いく住宅購入ができるのです。

4000字も書いてしまったので、まとめます。

まとめ

・不動産や、物件の広告を見る前に、あなたの住宅を購入する動機と条件の優先順位をノートに書きだすことで視覚化することができる。

・動機を条件の優先順位を決めることで、物件選びにも軸ができるため、不動産屋にいっても良い提案を受けることが多くなる。

・注文住宅でも100点満点の家を建てるのが難しいので、100点の家はなかなか見つからない事を前提で探すべき!80点から90点以上の物件があれば、あなたにとって良い物件であることは間違えない!

いかがだったでしょうか?

住宅探しって1生1度の買い物なので、100点満点の家を探したい気持ちもよくわかります。

ただ予算に限りがありますので、予算内であなたが家を買いたいなと思った動機を達成することが住宅購入の成功ともいえるのではないでしょうか!?

住宅を探す時の広告の注意点とチェックポイントを下記の記事でまとめております。

住宅購入の物件探しで気を付けるべき不動産広告の見るポイントとは?
住宅購入に向けての物件探しはいかがでしょうか。住宅を探すときは一昔前はチラシで問い合わせを頂いておりましたが、現在ではSUUMOやホ...

この記事を読んでさっそく物件を探してみてください。

これから住宅を購入する方はとっても参考になる考え方だと思います。この記事が役に立ったとおもったら、コメントかハテブ・シェアを頂ければ非常に喜びます。

コメントお待ちしております。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク