掘り出し物件を探すコツを不動産屋である私が教える4つのポイント


良い物件を探そうと必死になっている皆様!こんにちわ。物件を探し始めてもう数カ月以上たっているけど、なかなか希望する物件が見つからないので住まい探しを諦めかけている方もいると思います。

せっかく住宅購入をしようという一世一代の決断をされたのに、良い物件が見つからないって理由だけで住まい探しを諦めるのは勿体ないです。

住まい探しは面白いもので、不動産屋のご縁とタイミングで物件が決まります。不動産屋の担当次第で同じ物件でもあなたが良い物件か悪い物件かが変わってきます。

 

本当の話です。

 

私の体験談としては、最初はお客様にとっては検討外の物件を購入することで、お客様にとってのメリットを説明できれば、最終的にはご契約していただいているお客様が多いです。もちろんダメな場合もありますが・・

後はタイミングです。購入しようと思った矢先に他のお客様に購入申し込みを入れられて、買い逃したお客様も何も見てきております。先日にも買い逃したお客様からメールを頂いたばかりです。

「あの時早く決断して買っておけばよかった・・」

住まい探して後悔しないように今回は物件探しのコツについてお話させていただきます。
スポンサーリンク

住まい探しをする前に必ずある程度の条件を決めておく!


お客様1人1人住宅購入をする条件が変わってきます。例えば

「私は絶対日当たりの良い所がいい」

「俺は毎日の通勤の為に駅から徒歩5分以内の物件がいい」

「子供が〇〇小学校に通っているからその学区内で(立地条件)」

1つ1つ全く違う条件が違います。絶対に日当たりの良いところが良いのであれば、南向きの高層階マンションを購入するか、駅から遠く離れた住宅地を購入すべきです。

駅が近いってなると、戸建てで徒歩5分の物件はほとんどありません。都内であれば別ですが、駅近を優先するならばマンションを購入すべきでしょう。

小学校の学区によってはマンションが建てられない用途地域内の住宅地であれば必然と戸建てのみという事になります。戸建てでも良いかが検討すべき点でしょうか?

またこれらの条件の組み合わせによって、あなたにとって良い物件を不動産屋が物件を紹介します。

最近は条件をまったく決めずにネットで物件探しから始められる方がおりますが、これははっきり言って無駄な作業です。

なぜなら条件がコロコロ変わってしまえばあなたにとっていい物件も変わってしまうから(笑)

この記事で物件問い合わせをする前にやるべき事をまとめておりますので、まだ住まい探しの条件を決めていない人はこちらの記事を読んでいただくことをお勧めします。

【永久保存版】不動産会社に行く前に実践してほしいたった2つの家の探し方



 

ネット問い合わせは物件じゃなくて信頼できる不動産屋を探すこと


多くのお客様はネット情報で物件を探されていると思います。物件情報をホームズやSUUMOですぐに見れるようになったので本当に便利な時代になりました。

物件をネットで探していると、まったく同じ物件が沢山重複して掲載されていることに気が付くと思います。

物件については全く同じです。1つだけ違うのが広告を載せている不動産業者です。不動産業者によっては引っ越し代サービスやエアコン取り付けサービスなど歌っている会社もありますが、大事なのはその不動産屋で安心して取引できるか?

これに尽きます!

物件問い合わせをする前に広告掲載をしている不動産屋のホームページを見てみることをオススメします。

こちらの記事でネットで物件探しをするコツを詳しく書いておりますので、ご覧ください。

住宅購入の物件探しで気を付けるべき不動産広告の見るポイントとは?



 

あなたに親身になってくれる営業マンを味方につける!

スポンサーリンク


ネット問い合わせをすると、あなたに営業担当が付きます。あなたに営業担当を付けることで、お問い合わせしていただいた物件以外にも提案してくれます。

この提案が大切なのです。その提案の中にはまだネット上に公開されていない未公開物件だったりするんですよ!特に売主業者の営業マンであれば未公開物件をバンバン紹介します。

この未公開物件の情報を得るための2つの条件として

上記でお話した住まい探しの条件をしっかり定めておくこと!

どんなに面倒でも営業マンと一度顔を合わせること!

この2つがとっても重要です。

営業マンはあなたの条件に合わない物件をむやみに紹介することはありません。買いもしない物件をむやみに紹介するエネルギーは私たちにはありません。(笑)

また営業マンに1度会う事で、あなたの住まい探しの条件になる背景が見えてきます。メールだけの問い合わせ欄に条件を記入したところで、条件にマッチした物件を紹介してくれるのでしょうか?

なぜこの条件なのか?を掘り下げてくれる営業に出会えれば、高確率であなたにとって良い物件をご紹介していただけます。

では営業マンを見るポイントとしては2つ

・約束を守れるか?(電話するっていっときながらすっぽかすことはしないか?)

・あなたが質問したことに真摯に対応できるか?(新人の場合は上司に確認してから対応するなど)

 

この2点を見れば、あなたに親身になって接してくれる営業かを判断することができます。

親身になってくれる営業を何人か味方につけておくことで、あなたがネットで物件を探さなくても営業が条件にマッチした物件や未公開物件を紹介してくれます。

その中からあなたがいいな~~!って思った物件に再度案内をしてもらえばいいのです。

 

本当にいい物件情報は大手不動産屋が独自で持っている。


あなたが立地を条件にしてホームズやSUUMOで一生懸命探しても物件情報が見つからない場合はネットに乗っていない物件も探すことを視野に入れることをお勧めします。

なぜなら本当にいい物件については、ネット情報に掲載しなくてもすぐに売れます。

SUUMOやホームズは1物件につき大体毎月3万円以上掲載費がかかっております。すぐに売れる物件にわざわざ広告費をかける必要はありません。

ここで不動産営業と仲良くする理由にもなりますが、掘り出し物件を紹介してもらうのにも営業マンと仲良くする必要があるのです。

そしてその会社は大手であればあるほど、掘り出し物件を取り扱っている場合が多いです。理由は簡単です。以下の説明文をお読みください。

例えばあなたが土地を売りたいとします。

あなたが土地を売るとして、まず最初に思い浮かべるのはどの業者でしょうか?

〇〇リハウス、〇〇リバブル、〇〇不動産販売(株)

主に大手不動産業者を思い浮かべるでしょう!!

そして大手不動産業者に物件情報が集まります。大手不動産業者はお客様の土地を早く売却するために、不動産買取業者か建売業者に相談します。

なぜ大手仲介会社は一般消費者ではなく最初に不動産業者に話をしてしまうのでしょうか?

答えは簡単で、再販売ができるからです。

仮に土地売却の件で相談を売主様より頂いたら、建売業者に紹介をします。その建売業者が購入できれば、売主様と建売業者が契約できるのでその際に仲介手数料を頂きます。

建売業者は購入した土地に建物を建てて再販売するわけです。

ここからが大切ですが、土地を紹介してくれたお礼としてその再販売を大手仲介業者にやっていただくのです。(専任媒介契約を結びます。)

専任媒介契約を結んでいる間にまた契約ができれば、2度・3度も仲介手数料を頂くことができるので、一般消費者に売却するよりも建売業者などの買取業者に売却したほうが仲介会社は儲かるのです。

そしてこういう物件はSUUMOやホームズに掲載せずに、現地売りをする場合もあります。なぜなら、未公開物件として付加価値を提供したいからです。

そして1番多く物件情報を持っている仲介会社が住友不動産販売株式会社になります。弊社も買取実績は10現場以上もあり、非常にお世話になっている仲介業者です。

当然沢山の建売業者は専任媒介契約を住友不動産販売さんと結んでおりますので、住友不動産販売さん限定の物件が多数存在します。その中にあなたの希望する物件もあるかもしれません。

一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?




 

まとめ

今回の物件探しのコツは、購入する物件の条件決めと不動産営業マンを味方につけることが重要だという事をお分かりいただけたでしょうか?

信頼できる不動産営業マンと仲良くすることで、あなたの条件に合う物件ばかりを集めることができます。更にはネットに乗っていない未公開物件まで紹介してもらえるのです。

物件を探す最大のコツは!

物件情報をたくさん持つ複数の不動産営業マンと仲良くなる!

これはぜひ覚えといてください!

ただ不動産営業マンだけでもなんとかならない場合も当然あります。それは予算の問題です。

希望条件の立地で購入するとあなたの予算がオーバーしてしまう場合は難しい問題です。

どうしてもその立地で欲しいと思う方にオススメの記事です。

無理ない住宅ローンの借入は年収の何倍?⇦借入目安で希望物件が買えない現実



この記事が役に立ったと思った方は、コメント等を頂ければ非常に喜びます。また質問等がございましたら、ぜひ1度お声がけいただければ嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です