住宅ローン審査基準は年収だけじゃない!?不動産会社の規模で金利が安くなるって話


あなたは住宅ローンは借りようとしているあなたの勤めている会社と年収だけで判断してると思っていませんか?

それは違います。実際はあなたの個人情報の内容と年収、物件の担保評価、あなたを紹介してくれる不動産会社で判断をしております。

うん!?不動産会社?

そうです。あなたを紹介してくれる不動産会社によって、融資の有無、借入金の額や金利優遇まで変わってきます。

だからあなたからローン事務手数料まで請求して、住宅ローンの仲介役をするのです。

なぜ、不動産屋で住宅ローンの審査が変わってくるのでしょうか?

これにはしっかりとした理由があります。今回はこの理由を解説します。

スポンサーリンク

住宅ローンは利用者の8割は不動産会社経由


住宅ローンを利用している8割以上の方は不動産会社経由の紹介している銀行を利用しています。銀行からしてみると、不動産屋の営業マンはお客様を紹介してくれるVIPな存在なわけです。

特に売れている営業マンだったりすると、銀行同士で営業マンの取り合いになり、金利優遇などでうちの銀行を使ってくださいとアピールするわけです。

その営業マンのお客様は安い金利で貸してくれる銀行で借りることができます。

更にこれが会社の規模までに発展してきます。

例えばA不動産は売買取引が多い不動産屋ですが、B不動産は新しく出来たばかりの不動産屋だとします。

銀行見ると、A不動産はもう数年以上続けている会社です。取引が出来れば次のお客様の紹介があるかもしれないので、安い金利でも取引がしたいのが銀行のホンネ・・・

しかしB不動産は出来たばかりの不動産屋なので、A不動産と比べると実績もありません。取引はしたいけど次の仕事に繋がるかわからないから、A不動産より高い金利で取引する事があるのです。

実際私の経験上で、同じ物件で2社の仲介会社で一人お客様を取り合いしておりましたが、銀行の優遇金利の差で会社を選んだお客様がいます。

大手不動産屋は都市銀行と提携を結んでいる!


三●のリハウスや住●不動産などの大手不動産屋は銀行と提携ローンを結んでいるケースが多いです。提携ローンを結んでいると、一定のお客様の基準が通ればその銀行で一番安い金利や特別金利で借り入れすることができるのです。

銀行の立場としても普段お世話になっている提携している不動産営業マンから紹介していただいたお客様をVIP待遇にしなければ、次に不動産営業マンから紹介がもらえなくなってしまうからです。

一方提携ローン等を結んでいない不動産屋で審査を通した場合、一定の基準が通ればローン自体は貸してくれますが、一番いい金利優遇を使うことができません。簡単に言うと一般の方と同じ金利になります。

不動産営業マンはローン事務手数料が欲しいがために、特別金利ってワードをよく使います

 

何が

特別じゃ!

スポンサーリンク

不動産屋が事業用ローンで借りている銀行は金利が安くなるケースがある!


不動産屋が販売している建売住宅や土地のほとんどは、事業用ローンを組んで仕入れしております。稀に銀行が事業用ローンで貸している建売や土地を購入してくれる方に、住宅ローンの金利を特別金利にするケースがあるのです。

このケースは信金さんが多い気がします。そしてこれには銀行にとってメリット多いです。なぜならあなたが事業用ローンと同じ銀行で住宅ローンを組んでくれることで、貸していたお金も戻ってくる上に、住宅ローンも貸し出しできるという1石2鳥の結果になります。

であれば、他の銀行にお客様が取られるならば、圧倒的に安い金利で貸し出ししても借りてほしいのです。

どれくらい安くなるかというと、経験値上で0.2%ほど他社銀行より安くなったことが有りました。当時は0.775%の時代でしたので、その物件だけは特別金利の0.575%です

侮れませんね。こんなこともたまにあります。

 

金利だけじゃない!融資の有無は不動産屋で大きく関係してくる。


不動産営業マンは住宅ローン審査をする前に、銀行の営業マンに相談しながらあなたのローンの打診をしております。

収入に問題が無く、借り入れが無ければ特に不動産屋で融資の有無については心配はいりません。

問題は収入が低い上に、借入金がある場合です。そんな方は通常のやり方であれば住宅ローンが通らない可能性は大です。

そこで銀行の営業マンから審査を通るヒントを集めているのです。銀行の営業マンもお金をあなたに貸したいですから、不動産営業マンに協力してくれます。

「年収が足りないなら、奥様のパートの収入を合算しましょう!」

「借り入れがあるなら、借入金を完済してから審査しましょう!」

「あと一歩で審査が届かないのであれば、配偶者を連帯保障にできるか?」

などなど。何とかして融資を引っ張り出そうとするのです。

これをあなた一人の自己ローンでやるとなった場合は非常に大変です。そもそも銀行の営業マンだけでそこまでやってくれるかも定かではありません。

出来ることであれば、不動産屋を間に入れてローン審査を行う事をオススメします。

あ!!ただしある銀行は自分1人で住宅ローン審査の打診をしなければなりません。

それは

 

ネット銀行です!

ネット銀行は不動産会社が介入できないので、不動産屋からしてみると嫌がります。私も嫌です(笑)

ただネット銀行の金利の安さは無視できませんので、不動産会社と密に打ち合わせをしながら審査に望むことをオススメします。

まとめ

住宅ローン審査の基準が不動産屋も含まれている事を知らなかった方が多いと思います。だからこそ信頼できる不動産業者を見つけて、住宅ローン審査を行うことがいかに大切かがこれでわかったかと思います。

あなたが現時点で住宅ローン審査でいい結果が得られないなら、不動産会社に相談するか、思い切って不動産会社を変えることをオススメします。

但し個人信用情報に問題があると、話は変わります。住宅ローン審査が通らない1番の原因は個人信用情報です。。心あたりがある方は是非読んでください。

信用情報を知る者は住宅ローン審査を制す!実際にCICで個人情報を開示してみたぞ。



 

この記事が役に立ったと思った方は、コメント等を頂ければ非常に喜びます。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です