中古ワンルームマンション投資を僕はこうして失敗しました。【不動産投資体験談】


突然ですが

私は中古ワンルームマンション投資で失敗をしました。

失敗した原因は「圧倒的な準備不足」「不動産投資の目的を不透明にしたまま勢いで購入した事」「取引とは関係ない第三者のプロに相談しなかった」3つです。

私が目黒で中古ワンルームを購入し、今流行りのサラリーマン大家になってから2年経ちます。

ワンルーム投資は失敗したかなと気が付いたのは、購入してから約1年後の2017年3月に初めて不動産投資の確定申告を行っていた時の事です。

不動産投資を考えているあなたには失敗してほしくないので、包み隠さずにワンルームマンションの現実をお話させていただきます。

また筆者がなぜサラリーマン大家としてデビューしたか?ワンルームマンションの運営報告を含め、ストーリー形式でお話したいと思います。

長文になりますが、最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

住宅営業マン秋
私の最大の失敗の原因は不動産屋だからというおごりです。普通の人よりはわかっているという優越感によって、不動産投資をする目的を見失っておりました。

冗談抜きで、不動産投資の知識を本で身に着けて、不動産投資行う目的を明確にしたら、投資目的が実現可能かを取引とは関係ない第三者のプロに相談すべきでした。

目次

不動産投資を始める前の将来への不安は半端なかった。


 

私の自己紹介も兼ねてですが、新築戸建の営業もしながら建売用地の買取デベロッパーをやっている27歳の不動産屋です。

物件を購入したのは熊本地震の直後の2016年4月に引き渡しを受けて運営しております。

当時の私は5年付き合っていた彼女とも別れ、恋愛の仕方を忘れていた為、街コンに通っている2015年11月頃だったと思います。

不動産投資を始める前の私は、ある不安をずっと抱えたまま仕事をしておりました。

私は給料収入だけでは老後の生活を賄えない事、2030年頃に年金制度が破綻するということを大学4年の頃に知ってしまったのです。

結局地元の不動産に入社したもの、なかなか年収400万円の壁どころか350万円も越えられず、老後資金が貯められないと確信しました。(不動産屋なのに歩合2万とか・・・(笑)キツイ)

これではまずいと思い、過去にアムウェイ、エロサイトアフリエイト、バイマ、YouTuberをやってきましたが・・・・・結局のところ

 

1円も

 

稼げませんでした。

 


結果が出なかった理由を、今考えるとネットビジネスはすぐに結果が出るものだと甘えがあったからだと思います。

そしてもう1つの不安とは、自分が年齢を重ねた時の待遇です。

自分は若手社員なのである程度の結果を出していれば、プレッシャーはなく待遇も悪くはありません。

しかし年齢を重ねるにつれてプレッシャーが増すばかりではなく扱いが不遇になっていくのを目の前で見ておりました。

正直どこの会社も同じだと思いますが、この状況を目の前で見ておりましたので・・・

自分も齢をとったらこうなるのかと容易に想像ができました。

今は若いからある程度の結果を出せば褒められます。しかし齢を取った時に同じ以上の結果を出したとしても褒められもせず、むしろ結果が出せなければ解雇になると思っています。

今まで自主退社という形で、何人も見てきております。

若いうちに何とかして経済的にも精神的にも自立をしなければ、私は会社や社会全体から取り残されるという感覚がずっとあったのです。

 

不動産投資を始めるきっかけ!会社に勤めながら資産運用!?


 

ネットビジネスは1円も稼げない・・そう思っていた時に

不動産投資を始めようと思ったきっかけは一冊の本と出合ったことです。
こちらの内容は地方の中古物件に特化した投資をする場合の基礎的なことが記されており、ちう物件で満室経営をする方法や、不動産管理会社を選ぶコツなどを細かく教えてくれます。

不動産投資をする上で必要な手続きなどはもちろんの事、不動産用語についてや、不動産業界の実務的な内容まで記載されている為、私のような不動産屋でなくても非常にわかりやすい内容です。

この本を読んで・・・

不動産投資は借り入れを起こすというリスクはあるけど、物件を借りてくれる人がいる限り家賃が入る!収入が入ってくる

もう1円も稼げないってことはない!!

よし!!不動産投資家になると決めた私でした。今思うと浅はか過ぎて笑えます。(給料の持ち出しがあることを知らずに・・・)

不動産投資を始めると決めた私ですが、建売用地は査定できても、投資用の物件については全く分からないズブな初心者でした。

不動産の勉強にもなると思い、不動産投資の書籍を10冊ほど読み始めましたが、不動産投資を始めるうえでの現実を思い知らされることになります。

え・・オレ物件買えるかな(涙)

住宅営業マン秋
不動産屋だからといって不動産投資の知識がいうとそんなことはないです。

もし不動産屋の方がこの記事を読んでくれているのであれば、不動産屋だからといって高飛車にならず、しっかり勉強することを強くオススメします。

 

不動産投資は年収500万円以上から始めるのが一般的


 

不動産投資の本を手に取ると、500万円から始める不動産投資という本を何冊も見かけました。実際私が持っている本で2冊もあります。

当然年収が低ければローンが組めないので話になりません。不動産投資をする上で最低でも500万円以上の年収が欲しいと書いてある本さえありました。

参考までに資産形成ローンを行っている銀行の条件をまとめた表がこちらです。


出典:http://gate.estate/channel/archives/562

この表を見ると、オリックス銀行が450万円以上からと書いてありますが、公務員や上場企業の会社員でないと貸してくれなさそうです。

 

え・・

 

年収500万円も無いけど

今も無理

この当時は確定申告して年収が320万円しかありませんでした。(笑)しかも前年度は280万円です。

借りられてもせいぜい1,500万~1,800万円ぐらいなんだろうなと思いました。

地方でもアパート経営は無理じゃん!(この時楽町すら見てなかった!)

住宅ローンで借り入れできない方に年収が足りないですねって言っていた私がまさか同じ目に合うとは思っておりませんでした。

 

都心にするか郊外にするか?立地の問題


 

投資のエリアについても本によって都心か郊外のどちらが良いかを議論されておりました。

両方それぞれのメリットとデメリットも本で学びました。

郊外の物件のメリットは圧倒的な安さに加えて、ライバルが少ないというのが良い所です。

郊外の物件は販売後1年後以上かかって購入申し込みが入ることも多いです。

そんな状況ですから買主の主張や交渉条件が売主に通しやすいっていうのも事実です。

郊外のデメリットは、立地が不便なことや、賃貸住宅を借り入れする人口が少ないことなどにより空室リスクと、売却時は立地が悪すぎて売れなかったり、購入した金額より極端に安くなってしまいます。

郊外を攻略するためには地元の賃貸会社・管理会社の優秀な営業マンと仲良くしないとな~~って思っておりました。

 

ただそのエリアの賃貸住宅の家賃と、空室を調べたら・・・・

空室だらけじゃんか!?


 

とおもった記憶があります。郊外は不動産投資の初心者には向かないことがわかりました。

ただこのときの心情としては

俺は不動産屋だ!絶対失敗はしない!

というわけわかんない自信がありました。今思うとアホです。

このおごりが現在の失敗を招いております。

当時はとにかく早く郊外で購入する気満々でしたね。

都心のメリットは郊外の物件のデメリット部分がメリットになります。駅から10分以内の物件を購入することで空室リスクを最大限に抑えることができます。

新築物件か中古物件か?


 

不動産投資といっても建物が新築か中古かによっても利回りや家賃設定などが変わってくるので非常に重要でした。

でもこの時から・・・

新築で買ったら赤字だわ!!今も赤字だけどな(笑)

だってさあ。自分自身で新築戸建販売しているけど、利益が何百万も乗っけられて、更に広告費や仲介手数料まで販売価格に入っている新築の正体です。

なにの自分の名前で登記した瞬間・・・中古扱い!

その時点で200万ぐらい価値が落ちるって何(笑)

自分が住む住宅であれば新築戸建のほうがいいって思う気持ちはありますが、赤の他人に貸すのにわざわざお金賭けて新築にする必要はないと考えた私!

中古物件一択!

この選択だけは今でも正しいと思っております。

 

他にも検討しないといけないことが盛りだくさん!


 

他にも不動産投資の本と投資イメージを決めるだけでは、不動産投資を始めることはできません。

沢山検討しなければいけないことが盛りだくさんです。

不動産投資で検討しなければいけないこと。準備内容。
・どこの銀行でかりればいいの?(返済比率等がわからない)

・建物の構造(木造・S造・RC)利回り・融資・耐震等も影響する。

・火災保険と地震保険会社は?(不具合があったとき時に、保険料をできるだけ多く取ってくれる代行の保険会社か)

・郊外といってもどこで投資すればいいの?(空室率が低いエリア)

・売主物件と仲介会社経由の物件どちらを購入するか?


ええ・・と

これらはあまり本に載っていませんでしたよ。

私自身が不動産を知っているからゆえに出てくる疑問点です。

同時に本読むのメンドクセーってなってましたね。

住宅営業マン秋
私が不動産投資を失敗した最大の原因は準備不足です!!これらの項目の準備をしっかりせずに物件を検討してしまうと、とんでもないカス物件をつかまされることになりますので要注意です。

 

不動産投資の本を読んでから考えて欲しいこと


 

このときは自分が不動産屋ってことで書いてある本を真剣に読んでいなかったようにも思えます。

これは絶対にやってはいけないことです。

最初の1棟目をどんな目的で購入するかによって、不動産投資の目的やスピードが変わります。そして1棟目の購入が失敗したとしたら残るのは借金だけです。

不動産投資を早く始めたいという気持ちを抑えて、まずは知識をつけることが大事です。ただそれ以上に大事なことは

正しい投資のマイルールを決める!

秋が不動産投資を始める際に決めたマイルール(2015年時点)

・いくら利回りが高くても空室が続けば収益は0円!低利回りでも空室リスクが低い場所を購入する。

・東京都内は高いので、郊外の物件を購入する。

・仕事をずっと続けるので、給料持ち出しになっても1万円以下☜このルールがマジでNGだった。


マイルールは絶対に守ってください。FXや株もそうですが、投資で勝っている人はこのマイルールがしっかり守れている人だけです。

しかし正しいマイルールです。不動産投資は持ち出し前提で初めてはいけません。

あなたも必ず投資をするときは正しいマイルールを決めてから投資をしましょうね。

マイルールを決めないでエイ!って購入すれば私みたいになります。

 

投資物件をネットで探してみた。(楽町・建美屋)


 

ネットで探す場合は楽待という不動産投資専用の物件サイトを見ることになります。

まずは郊外の物件を見てみることにしました。

私は埼玉県に住んでいる事から埼玉県の郊外エリアなら自分も物件調査できると思い、埼玉エリアで探すことから始めました。

「う~~んとどれどれ!おお!!やっぱり安い 800万円ぐらいか~~でも駅が遠いな」

「おお!!安い破格じゃないか!? でも自主管理で修繕積立金がないだと!(危ない危ない)」

「おお!!安いけどもうすぐ退去 家賃も安いからし仲介会社が客付けしてくれるかな?」

そして気になる物件へTELしたらなんと、管理は全く行っておらず、郊外の1,000万円以下の安い区分などは自主管理がほとんどという現実を知りました。

郊外の物件の管理なんて普段働いている私が行うは無理です。

やっぱり安い物件では管理会社にお任せは難しいのかな・・・と思っていた私

物件紹介業者の言っていることは正しいのですが、仕事をしながら不動産投資のすべてを管理会社にお任せしながら資産運用をしたいと思っておりました。(今思うと、これもNGです。収益面のところだけは自分で管理しましょう。)

私は購入したところが家賃保証等になってたら空室になっても収入は入るからという理由で家賃保証がついている物件を探すことになりました。(空室リスクと家賃保証は別です。このときはわかっておりませんでした。)

家賃保証があるからいっか~~て思いがちですが、これはダメです!家賃保証があっても空室リスクを抑えたことにはなりません。

営業トークで家賃保証で空室リスクが抑えられるっていってますが、あれは嘘です。騙されないでください。

 

【失敗談!】地方の不動産屋に行きたくても、不動産屋がやってない。


 

楽待ちで見ていてもらちが明かないと思った私は、直接不動産屋に問い合わせをしようとして2件ほど電話をかけて気が付きました。

あああ!!

不動産屋は

水曜休みじゃないか!

そうです。私も不動産屋・・

休みが重なってしまうので、地方物件などをご案内してもらうことができなかったのです。

弊社には有給が有ってないようなものだし、更に投資物件を物調するっていたら怒られるしな・・・

そんなこんなで・・地方物件に投資するのを諦めてしました。

今思うと、もっと方法があったはず!「夏休みを利用するなど」簡単に投資エリアを諦めてはいけなかったと思います。

結局・・俺はまだ年収が低いから投資物件を持つ資格がないのか・・PCの前へこんでおりました。

住宅営業マン秋
不動産屋って不動産投資が有利だと思われがちですが、実は逆です。地場の不動産会社が休みの水曜日しか休めないし・不動産屋だからという理由で融資が下りないなど、普通のサラリーマンの方が不動産投資は有利だと今では思います。

 

アドセンス広告のワンルーム投資に興味を持ちセミナーへ【失敗の始まり】


 

私は楽待で探しながら投資実践ブログを読み漁りました。

ただ都心で投資している方のほとんどの方が30代以上の方々で、年収と自己資金も私よりはるかに上です。

そんな時にワンルーム投資のセミナー広告をアドセンスで見つけた時・・

あ・これがあるじゃないか!!とおもいさっそくクリックをして、セミナー予約画面をみる

どうせ水曜休みだろーーーあるわけないよなーー

あ!水曜日の開催がある!?

藁にもすがる思いですぐに予約をして、ワンルーム投資について調べまくったのを覚えております。これが失敗の始まり(笑)

 

セミナーの予約後に送られてきた資料がすごすぎる!


 

予約して3日がたち、私の当てにゆうパック2つ分の資料が送られてきました。

この資料を見た時はめっちゃ胸踊りました・・・だってDVDがついてきたんですよ!?すごくないっすか?住宅業界は住まいについてのDVDなんてないと思うけど(笑)

やっぱり不動産投資は華やかなイメージがあるからDVDで舞い上がらせる作戦だと感じ、冷静になるように心がける秋

そしてセミナー当日になり担当営業と待ち合わせの場所で待っていると、秋さんですよね?とお声がけを頂きました。

担当の営業マンは私より1歳か2歳年上の方だったと思います。気さくに話しかけてもらったのが印象的。

そしてセミナー会場のビルは浜松町の一等地!!!東京タワーが見える場所にありました。やっぱり大手企業と中小企業では全く違うんだな(笑)と思った私

でもここで物件を購入しておりません。

 

ワンルーム営業マンの代表的な営業トーク(1つだけ騙されかけた・・)


 

不動産投資物件を購入するときにあながちな営業トークをご紹介させていただきます。

生命保険より銀行ローンの団体信用生命保険のほうが安くて資産も形成できます!

 

私はこのトークを聞いた瞬間ここはないなと思いました。なぜなら生命保険の組み方はいくつかのパターンもあり、掛け捨て保険であれば、団体信用生命の月々の金利で支払う金額より安い場合も多いです。

また保険は生命保険控除も使えるのに対して、団体信用生命は生命保険は使えません!このあたりを理解していない営業が多いと感じました。

 

節税効果が多く受けられて、住民税と所得税が安くなる!

 

不動産所得で損失をした場合は、総合課税である給料収入から確定申告をすることによって、不動産で損失した所得を給料所得に補てんすることができます。

結果、給料所得が安くなり所得税・住民税が還付されます。

営業マンはこの節税があたかも毎年使用できるように言ってきます。

しかしこの節税が使えるのは、極端な話最初の1年だけです。最初の1年は購入する為の諸経費を経費として含めることができるので、不動産所得は赤字になります。

結果税金が還付されます。

しかし2年目からは違います。

購入した諸経費が経費に使えないので、減価償却率・公租公課(固定資産税など)・銀行ローンの金利部分・管理費修繕積立金ぐらいしか経費として落とせません。

結果、月々給料から手出しでお金を払っていたとしても、収支上は黒字になるので、更に税金を取られるのです。

2年目以降の資金計画もしっかり確認しましょう!

私は来年は黒字になってしまうので税金を納めなければなりません。この辺も失敗の原因です。

 

毎月1万程度の持ち出しで、元金3万円が支払えるのが投資の醍醐味!利回り300%以上の商品といわれる。

 

実際私がそうかもと思って騙された感があるのがこの営業トークです。

ワンルーム投資を始める場合はほとんどの方は毎月1万円程度の現金を持ち出しする必要があります。

毎月1万も支払うのか・・・と思うのですが、そんなときに営業マンの必殺のトークがでます。

「毎月1万円で3万円分の元金が支払えるんですよ!?」毎月1万円の定期預金で積み立ててもの0.2%の20円しか貰えないんですよ!

「不動産投資は早く始めただけ有利です!!」と

これだけで考えるとそう思えてきます。しかし肝心な事を忘れています。

家賃が毎月支払われていることが前提です。

空室だった時はこの方程式は使えず、マイナス1万円以上です。(笑)この営業トークで不動産投資はホントお得って思うのだけは辞めましょう。

私みたいになります

ついに物件を購入してしまった。(日本財託で購入)


 

別の会社の物件を気持ちお値引きをしていただき、ちょうど1年前に契約させて頂きました。

当時はやるしかないと思っていて妙にやる気に満ち溢れていました。

重要事項説明も聞きながら契約書にサインを押す・・・

いつもお客様に頂いていることを自分がいざやってみると手が震えるものですな( ゚Д゚)

遂に20代の不動産投資家が誕生したのです。


 

都内の物件は常に満室経営は嘘!運営してみると退去・修繕が重なり赤字が膨らむ一方


 

購入した物件は購入する1年前に法人が社宅契約していた物件だったので、長く入居してくれると踏んだ私は契約したのです。

実際は違いました。引き渡し後わずか1ヶ月で退去のお知らせが来ていまい、更に退去後の現状回復費用も半額負担しました。

その額なんと10万円ですょ。運が悪いとしか言えません。

前入居者が退去のしたのが、7月頭だったので、月末までには決まると思っていたけど、実際は8月末まで決まらなかった

当然1ヶ月ぶんの家賃は入らず、ローン全額➕管理費修繕積立金を支払う羽目に

この時学んだことで、いくら目黒という好立地でも退去のする時期によっては、入居者が決まるのに時間がかかるって事!

都内の物件であればすぐに空室が埋まるという神話はここで捨てましょう‼

住宅営業マン秋
私が購入した管理会社が日本財託だったから早く入居者が決まったと思っております。仲介会社へのポイントバックが異常です。

かなり空室率リスクだけは下げようとしている企業努力のおかげで、お盆前にも関わらず入居者が1カ月で決まったのです。これが別会社だったら・・・おそらく9月末までかかっていたかもしれません。

 

超重要!なぜあなたは不動産投資を始めるのですか?


 

あなたは何故不動産投資を始めようと思ったのでしょうか?

老後のため?それとも早くサラリーマン生活に終止符を打つため?

私は老後のために不動産投資を始めましたが、最近では早くサラリーマン生活に終止符を打ちたくなってきました。

私の最大の失敗は

目的に合わせて投資すべき物件を間違えたからです。

購入した都心の物件に関わらず、20代の年収300万円台で持ち出し1万円というのはかなりいい方だと思います。

金利も一般の人よりも1%高いのにです。

現在は私が行っている中古ワンルーム投資は安定性を重視した将来に向けた投資方法で、投資の性格上1棟目は必ずと言っていいほど赤字商品になるのです。

特に私のような年収300万円台の20代だったらなおさらです。(現在は500万超ですが)

中古ワンルームマンションの1棟目のローン完済後から2棟目、3棟目と増やしていき、最終的には資産及び毎月の家賃収入が入ってくる仕組みを築く事ができます。

人口が減少している日本の状況から見ても中古ワンルームマンションは理にかなった商品です。

しかしこの投資方法はものすごく時間がかかります。最初は赤字、2棟目を購入するまでに時間がかかってしまう事を本当に理解しておりますか?

当時の私はずっとサラリーマンを続けようと思ってワンルームマンションを始めようとしました。

しかし最近ではサラリーマンが嫌で嫌で仕方ありません。脱サラを目指し始めております。(脱サラしました。2018年7月現在)

あなたが脱サラ目指している、もしくはすぐに黒字にしたい等の方が都心の中古ワンルーム投資をやったら最悪です。

人生何があるかわかりません。急に目標が変わったりするのです。

そしてもうひとつ、修繕費に費用がかかるってことです。

多くの不動産営業マンは修繕費のことなんて言いません。だから多くの家賃がそのまま収入になると考えてがちです。

しかし私はここ1年で15万円は修繕費に飛んでいます。月1万円の修繕費がかかると思って収支を出した方がよいでしょう。

 

あなたの不動産投資目的は実現可能?取引と関係ない第三者へ相談したほうが良い理由


 

あなたが不動産投資を始める理由、実現したい夢は何ですか?

「老後生活を豊かにしたい」「老後生活の収入源にしたい」「今すぐにでも収益がほしい」「脱サラしたい」などあると思いますが、それって誰かに相談しました?

まさか取引先の営業マンだけにしかしていないってことはないでしょうか?

それ確実に失敗しますよ!

購入する不動産屋が決まったタイミング・不動産投資で実現したい目的をができたのであれば、検討している営業マン・押し売りをしてくる営業マン以外で、全く取引と関係ない第三者の不動産プロに「購入する物件」、「不動産投資で実現したい夢が実現可能か?」を相談するのが不動産投資が初めての方でも失敗しない唯一の方法です。

それなのに多くの方は、不動産会社の事をろくに調べず、更に営業トークに騙されて、メリット・デメリットなどをネットでちょっと調べただけで購入する方が多すぎる!!

結局、自分の経験・知識量が無いのに自分を信じて購入してしまうんですね。これは当時の私です。

私は冗談抜きで本当に第三者へ相談すればよかったと思っております。

そしたらワンルームマンションを実際に運営してみて修繕費がここまでかかるなどの話をもっと聞いておくべきだったと後悔しております。

これから不動産投資を始める方にご紹介したいサービスは、無料で何度でも相談ができる「トウシェルの専門家の個別相談サービス」です。



トウシェルとは、東京・大阪に事務所を構えているパワープランニング株式会社が運営しているサービスで、

主に不動産投資のコンサルタント業務及び不動産投資会社の紹介サービスを運営しております。

不動産投資会社紹介サービスは業界で初です。

トウシェルのすごいところはなんと言っても専門家の個別相談サービスが何度も受けられるだけでは無く、

都内の物件以外の全国各地の物件の相談もできると言うこと!

あなたの資産内容・不動産投資スタイルによっては、東京都内よりも地方の物件を持った方が良いなどの幅広い視点で専門家がアドバイスしてくれるところにあります。

つまり投資の幅が広がり、1件目から不労所得が得られる不動産投資が行えるって事です。

購入する前は「早く購入したい」という気持ちが先行して冷静になれず、第三者へ相談するという方は非常に少ないのが現状です。

だから失敗する方が続出するのですが・・・

トウシェルは定めた厳しい審査基準をクリアしたプランナーをご紹介し 、最適な投資計画の提案をしてくれます。

トウシェルは不動産会社ではありません。あくまでも不動産投資会社紹介サービスであります。

相談だけで購入する意思も無いのにかかわらず、不動産屋をいきなり売りつけるってことはしません。

相談を受けて問題解決すれば、不動産投資の方向性がきちっとしたものになるし、また物件購入の際に営業トークに騙されないようになります。(正確には理解できるようになる。)

それでも自分は失敗しないと思って第三者へ相談する必要がないと思っている方へ、不動産という商品について衝撃的なお話をしたいと思います。

不動産投資で営業トークや単純に目的に合わない物件を購入し失敗する方が後を後を絶たず、私、個人のブログにさえすでに10件程度の不動産投資に関するご相談を貰っております。

そのうちの印象に残った1件のメールをご紹介させていただきます。(本人からは承諾済みです。)

秋様

お世話になります。
ご丁寧にご回答下さり誠にありがとうございました。御礼が遅くなり失礼しました。

管理人様のブログを見て、少しでも多くの方が悪質なサブリース業者に騙されないようになってくれることを私も望んでおります。

私は○○○○という業者さんの物件を購入してしまいました。
東京都○○区の新築1R(25m2)で購入価格は¥○○○○○○でした。
またその後○○という業者さんから出口戦略という話があり、豊島区に中古1R(20m2)で○○○を購入してしまいました。

私自身、建築関係の仕事に携わっている身であり、法律についても学んでいるのにも関わらずこのような有様で、情けなく、周囲に相談できる方も多くありませんでした。

そのような状況で損切りを考え、○○区の新築物件をネットにて一括査定した所、サブリース解除後の賃料にも左右されるが、高くても○○○くらいだろうと大手業者さんからは連絡がありました。愕然としました。
また中には「騙されちゃいましたねぇ〜」と嘲笑うかのように対応する方もいて、この業界の方々の誰を信用すれば良いのかもわからなくなりました

そんなとき管理人様のブログを拝見し、非常に前向きに対応されている姿勢に心打たれました。私も行動しなくてはと思いました。

そこで大変厚かましいお願いではあるのですが、メールなどで個別にご相談させていただことなど出来ないでしょうか。

もちろんブログを運営されている管理人様からすれば個別に私とやりとりする事に何のメリットもないことは承知しているつもりです
努力せずして情報を得ようとしていると言われてしまえば何もお返しする言葉がないのが実際のところです。
ただ書籍だけではどうしても理解仕切れない部分や不足している部分があり、補足出来ません。
何かコンサルティング料など条件があればそれをご提示いただきご相談させていただけないでしょうか。

大変唐突で身の程知らずなお願いではございますが、ご検討いただけたら嬉しく思います。
よろしくお願いいたします。

結局この方は、売却すると700万円以上損することが確定します。

私はこのメールを頂いて思ったことは、不動産会社に騙される人は本当に減るとは思えないと思うし、こういう方を食い物にしている不動産会社ってまだまだ沢山あると思うんですよ。

営業トークでだまされてしまったのでしょう。

もちろん不動産屋が業法違反に関するようなことは言っていないと思います。

ただ新築を購入すれば価格の1割は減るということや、サブリースの倒産リスクなど細かい部分までは説明しないんですよ。

取引業者だけの営業マンと相談しても常にメリットだけしか言いません。

デメリットを言ったとしても営業マンのテクニックの一つである「イエスバット法」でデメリットを目立たせないように話をしてメリットしかないように思わせるのです。(逆に不動産営業マンとしては見習っていかないとですが・・・)

不動産投資はCMなどで身近になりましたが・・・

消費者と営業マンとの知識差がこれほどある商品はない!!

もしあなたが私から建売住宅を購入したいといってきたら、場合によっては簡単に騙せます。

それくらい営業マンと不動産屋との知識の差が圧倒的にある商品なのです。

なんとなく不動産投資に興味があるからという軽い気持ちで購入したら、確実に大手不動産投資会社の食い物にされて終わりです。

不動産屋の私でも失敗したんです。あなたも何もしなければ確実に私より大やけどして失敗します。

そうならない為にも取引とは全く関係ない第三者のプロへこれから行う不動産投資のスタイル・資金計画・目的を相談すべきなのです。


 

まとめ

 

私は失敗したと言っておりますが、不動産投資を始めて、一回も後悔したことはありません。

むしろ始めて良かったと思っています。何故なら次に不動産投資をするときにいろんな方向で物事が見えるからです。

これらか始める方には上記で申し上げた通り、最初の1棟が非常に重要になってきます。

特に脱サラしたいと思っている場合、大手のワンルームマンション屋・ファミリーマンションなどをセミナーで説明しているような会社の物件を購入したら即ゲームオーバーです。

東京都内の物件では、よほどあなたの資金内容にゆとりが無ければ、1棟目で収益は出せません。

赤字スタートです。

わざわざプロの第三者へ相談する必要はないと思うかもしれませんが、購入したら最後!最低10年以上は購入物件のローンの支払いしなければいけません。

1棟目を失敗したら収益どころかローンの支払いを給与から持ち出し人生確定です。

失敗したらやっぱりやーめたは通じないのが不動産投資です!

私もやっぱやーめたと言いたいよ・・・マジで

購入する物件が不安だったり、失敗した物件に10年以上もローンの支払いをしたくなければ、クヨクヨ悩んで無いですぐに無料相談して見ましょう。

長くはなりましたが、以上で私の不動産投資体験談とさせていただきます。

この記事を読んで、役にだったと感じて頂けましたら、コメント等の頂けると非常に喜びます。

私のような投資目的で失敗する方が生まれなければ嬉しい限りです。


住宅営業マン秋
パワープランニング㈱さんがいつまで、何度も無料でコンサルをしてくれる【トウシェル】を続けるかはわかりません。はっきり言って不動産投資で失敗しいる人が続出している為、ニーズが高く有料化が可能なサービスです。

近いうちに有料化になる可能性があるので、無料相談ができる間に資金計画・投資スタイルを相談しましょう。

不動産投資を始めて不労所得を作りませんか?厳選サイトまとめ

不動産投資の安心入門サイト【ハウツーオーナー】 オススメ度★★★★★(5/5)

1都3県(東京・埼玉・千葉・神奈川)に住んでいる人にオススメのサイトはコレ!

ハウツーオーナーは東京での不動産投資物件を掲載しているサイトです。(主にワンルーム)

取り扱い会社の条件として「空室リスクが低く、入居率98%以上」「売上が年間100億円以上」「設立年数が10年以上」「オリジナルブランド(売主)」であるすべて満たした不動産投資サイトです。

主に佐々木蔵之介さんが出ている「シノケングループ」、中古ワンルーム最大手「日本財託」などです。

ハウツーオーナーから紹介されている会社のセミナーに無料で参加することができます。

当然物件が気に入らなければ物件は買わなくてOK。

東京の物件は利回りが低いと言うデメリットはありますが、最初の1件目を安定して運用したと言うことであれば、

やっぱり地方の物件では無く東京の物件がいいでしょう。

ちなみに秋は「日本財託」で購入しておりますが、空室で家賃が全く入らないって事はありません。管理体制が良くて助かっております。

セミナーに参加するとしたら、是非、新築ワンルームと中古ワンルームの「日本財託」の比較検討するのがオススメ!

なぜなら中古と新築のメリット・デメリットを肌で感じで勉強できるからです。(利回り・空室リスク・建築設備など)

不動産投資相談サイト【トウシェル】 オススメ度★★★★★(5/5)

業界初の不動産投資会社の紹介サービスです。

ハウツーオーナーでは1都3県しかお問い合わせ、セミナー参加はできませんが、トウシェルでは日本全国各地のお住まいでも不動産投資についてご相談ができます。

なお日本全国でご相談ができるため、東京のワンルーム以外でも、アパート経営(1棟物)や戸建て投資などの相談も可能です。

あなたの投資スタイルで紹介してくれる不動産投資会社が変わります。

更にトウシェルのすごいところは不動産だけの相談ではありません。

あなたに合わせた不動産投資のご提案ができるだけでは無く、各専門家(税金・保険)など不動産投資以外でもサポートも無料で受けることができます

しかも1度では無く、何度でもご相談ができるというのがトウシェルの強みになります。

トウシェルはあくまでも不動産投資会社を紹介するだけの会社であり、不動産売買の会社ではありません。

当然紹介された物件などが気に入らなければ買わなくてもOK

全国各地で不動産会社とは違った第三者と相談ができるサービスはここだけです。

相談はちょっとまだ早いかなと思った人は資料請求だけでもOKです。

不動産独立アドバイザー【株式会社エストアンドカンパニー】 オススメ度★★★★(4/5)

不動産会社で初の独立系アドバイザーです。

不動産会社ではありますので、相談内容によっては物件紹介・物件案内などはありますが、エストカンパニーが不動産コンサルタントとして

ワンルーム・区分マンションを始め、1棟買い(アパート経営)までの相談が可能です。

相談内容としては主に不動産資産運用を始め、不動産相続時対策、不労所得の確保になります。

不動産投資においての保険などの話をしてくれるトウシェルとは違い、不動産により特化した内容になるでしょう。

エストカンパニーは不動産屋なので、現場の話などトウシェルよりも濃い話が聞けるかもしれません。


こちらの記事が人気です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です