引越し前の住民票を移転する方法と注意点【デメリット】



前回の記事で住民票を引越しする前に移転するメリットをお話しさせて頂きました。

住民票を引っ越しする前に移転するメリットとは?【金消契約】
住宅の契約を済ませて、もうすぐ銀行との住宅ローンの金消契約の直前になって不動産屋の営業にこういわれると思います。「金消契約前...

上記の記事の最後に取り上げている、住民票を金消契約前に新住所に移転してほしい銀行と、引越し後でないと住民票の移転ができない役所の実務に、矛盾が生じております。

ただ住宅を購する上では住民票を移転したほうが有利になるケースが多いのも事実です。

今回は引越し前に住所変更の手続き方法と、引越し前に新住所に移す事での注意点をお話しさせて頂きます。
スポンサーリンク

役所での住民票の住所移転の仕方について


役所は引越し前に住民票を移転することは出来ません。

よって引越し前に住民票を移転する際には・・・



引越しました!



って事で、書類の申請を行います。

もう一度言います。

引っ越ししたということで手続きをしてください!!

しかし中には嘘をつきたくないって方がいるかもしれません。

ただ役所の方も引越し前に住民票を移転する人がいることも分かっているし、銀行の都合という事も分かっております。

それでも嘘がつけないって方は、どうぞ旧住所で物件の登記をして下さい。

さてと、新住所に移転する方法の話題に戻すと、

住民票の移転する手続きの際に、引越し日と届出日を記入する項目がありますが、

必ず

引越し日が届出日の過去になる日付で記載して下さい。


あとは必要箇所を記入して、必要書類を役所に提出すればOKです。

必要書類は引用します。

同一市町村内に転居した場合は、転居届(住民異動届)を市町村役場に提出します。必要書類として本人確認書類(運転免許証、保険証など)印鑑を持参します。届出期限は、転居後14日以内です。

出典:住民票・郵便局等の住所変更手続き

住所移転が無事完了しましたら、最後に新しい住所の住民票と印鑑証明書を取得することで、金消契約の必要書類がそろいます。

住所移転が終われば、すぐに新しい住所の住民票と印鑑証明書が取得できるのもポイントです。

転出届が必要な場合は


現在住んでいる住所と引越し予定の住所が県や市が異なっていた場合は、現在住んでいる住所の役所で転出届を取得する必要があります。

転出届を新しい住所の市役所に提出することで、住所移転をすることができます。

転出届は取得した事で、直ぐに住所を移転できる訳ではないです。

時間的な余裕を考えて、銀行とのローン契約の1週間前に転出届を取得していれば、銀行との契約までに引っ越し先を管轄している役所で住所移転を済ませることが出来ると思います。

転出届は引越しをしていない状態でも、引っ越し予定の2週間前から取得することが出来ます。

これにより転出届の手続きは直ぐに済ませて、上記の方法で引越し予定の役所での転入手続きを書類を記入すればOkです。

スポンサーリンク

引っ越し前に住所移転する注意点

新しく入居予定の住所に移転する際に注意することが2つあります。

役所から来る手紙が新しい住所に届く


住所変更を役所に届け出するため、役所からの郵便物は新住所に届きます。

役所から届く郵便物は、子育て等の給付金などの優遇措置の申請書等が多い為、役所から定期的に郵便物が届く場合は注意が必要です。

よく役所から郵便物が来るかたは、引っ越し予定の物件のポストを定期的に見る必要があります。

対策としては、銀行のローン契約の時に住民票を移動するので、引き渡しと銀行のローン契約の間が開かないようにしましょう。

最低でも引き渡しから2週間以内に住所移転をしましょう。

住所移転で子供の学区が変わる場合がある


住所移転で以外と知られていない問題が、住所移転による子供の学区に影響がでることです。

住所移転をすると、役所から教育委員会に子供の住所移転が通達されます。

市や区によっては、子供が住所移転したことによって、現在通っている学校に通えなくなる可能性があります。

対策としては、子供の住所だけを変更しない方法があります。

また子供が住所変更しても、学区を越境して通えるのかを市役所や教育委員会に確認するのもありだと思います。

まとめ

引っ越し前の住所票の移転の方法と注意点についてお話させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

不動産売買では当たり前のように、引っ越し前の住民税の移転が行われております。

以外と不動産営業マンで、なぜ住民税の移転を行うかも知らない方もおりました。

新住所で登記した方が良いのか?それとも子供や職場の都合で引っ越し後に住所移転をして変更登記をするか?

これから引っ越しするあなたに、メリットの多い方で手続きしていただければ幸いです。

このブログが役にたっていると感じたかたは、コメントやハテブを頂けると非常に喜びます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク