3度目でやっと宅建合格した体験談と44点をとった勉強のコツなどを語ってみる。


昨日は2016年の宅建試験の合格発表の日でしたが、ゴルフだったため結果が見れずにおりました・・・

そして今日、家のポストをみると・・・

入ってましたよ!ハガキが!!

合格です

結果は自己採点通りであれば44点かな・・

今年の宅建試験の合格ラインは35点と非常に高い点数でもありますが、9点も上回ることができました。

しかし実はここまで来るのに3年もかかっております。3回目の試験でやっと受かったわけですが、正直年々難しくなってきているのは間違いないです。

今年の勉強時間は2月から初めており、毎日大体1時間しておりましたので、250時間ぐらいは勉強していたのではないでしょうか?

これから受験・もしくは今回不合格になってしまった方に向けて、筆者が3回目で合格した体験談・勉強のコツなどをお伝えさせていただきます。
スポンサーリンク

筆者が宅建を合格した経緯・体験談

宅建勉強
筆者がこれまで宅建を受けてきた経緯とお伝えすると

不動産業界に入って独学で2年目に初受験をしました。このときにアットホームで同業者の5点免除を受けてからの受験でした。

一般の方からすると5点免除があるから同業者は宅建試験が簡単に思えるはずです。事実そうだと思います。

しかし5点免除もある中で私の結果は・・・(自己採点ベース)

・1年目の結果は合格点32点に対して31点

・2年目の結果は合格点31点に対して30点

無念過ぎるWW

2回の試験とも最後の1点が足りなくて今まで悔し涙を流しておりました。

会社からも当然プレッシャーがかかります。こんな感じで

上司:「早く宅建とれよ・・お前が契約するときになんで俺が重要事項説明書を読まないといけないの?」

筆者:「すみません。今年こそは受かります!」

これを2年目にいわれてしまったので、2年目に不合格になった時は不動産会社をやめようとまで思いました。

それから1年間は過去2回受験の反省を生かして、今までと勉強方法と本番試験までの過ごし方を変えました!!

3度目の正直・宅建の勉強方法のコツとは!?

勉強のコツ
宅建試験とは例年難しくなってきているので、1回目・2回目で行ってきた過去問を解いて暗記する作戦はもう通用しないと思っております。そこで3度目では暗記作戦をやめることにしました。

3度目の宅建試験合格した時に明らかにこれまでの勉強法と3点違うことがあります。

1・毎日問題を20問解く

2・解らない言葉をインターネットでググる

3・模試を本番1カ月前に2回やる

1番と2番を毎日繰り返し行ってきました。詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

1番:毎日問題を20問解く

まずは勉強方法ですが、私の場合は2月から勉強を開始して民法であれば、「行為能力者」の勉強を1日で20問解く、次の日は「代理」で1日20問解くなど1日で細かく勉強していきます。このときにテキストを見てから問題を解くと効率がすごく良いです。

テキストで内容をインプットして、すぐに問題といてアウトプットをするというサイクルが非常に効果的です!!これを行う事で各項目の理解が早くできるようになりました。

宅建試験に出てくる項目は「民法・宅建業法・法令上の制限」勉強しようとすると大体2カ月あればすべて網羅することができますので、ぜひやって見てほしい学習法です。

大体1日1時間あればこれはできます。

2番:解らない言葉をインターネットでググる

問題を解くプロセスにおいて、これをするのとしないのでは、理解力のスピードが天地の差になります。

1番の問題を解いていくと、問題を間違えます。間違えた理由をただ覚えるだけではなく!問題を間違えた理由をしっかりと検証してほしいと思います。

民法を解いている時の回答で「第414条」と書かれていた場合・・以前の私は414条をスルーして間違えた理由だけ覚えておりました。

これではダメです。典型的にまた落ちるパターンです。

解らない言葉はインターネットですぐに調べて、実際に414条とはどういうものかを理解してイメージすることによって、今まで間違えた理由だけを覚える方法の点の覚え方から、線で覚えることができるようになるのです!!

線で覚えられるようになれば、点で覚えるより忘れることも減ってきます。

この作業が一見非常にめんどくさく感じるかもしれませんが、これを行う事で忘れたからもう一度勉強するなどという非常に効率の悪い勉強をせずに済むのです。

かえって効率的なのです。

3番:宅建模試を本番1カ月前に2回行う

宅建試験の点数の伸び具合で一番伸びるといわれているのが、本番前の1カ月になります。

2度も宅建試験におちている私は、本番前に模試を2回受けることにしました。1回目の模試は「資格の大原」の模試を受けてきましたが、宅建業法が難しすぎてわずか12点しか取れなかったのを記憶しております。

あの時が9月21日だったのでこれはやばいと思って、宅建業法を中心に色々な問題を解いてきました。

そして2回目の模試は、本番前日の模試を受けてきました。結果は36点だったのですが、基本的なところを8問も落としていたのです。

最後に教科書で確認しながらまた問題を解けば、本番では解けるようになります。模試2回分の費用は当然お金はかかりますが、2回模試を受けるのはたったの1万円ぐらいです。

試験が受からなければ、また来年7,000円払って受験をするのですから、これに比べれば安いものです。

模試を受けることで現在の苦手なところや自分の立ち位置が明確になり、勉強するモチベーションも上がります。

ここはケチらずにお金を使ってでも合格の可能性を上げていきたいところです。

点数が伸びるのは本番前1カ月!毎日2時間は勉強しておきたい。


私が2016年の9月21日に埼玉全宅連で受けた宅建試験ですが、その点数はなんと32点と30点以上言っていたのですが、内容が最悪でした。

民法8点、法令上5点、税法2点、5点免除5点、宅建業法・・・

12点ww

これでは受からないって悟りましたよ・・・はい。

それから間違えた問題と、宅建業法の10年分の過去問2周と、市販の模擬対策テストをやりまくりましたよ・・・

おかげで前日の模擬試験は36点と合格圏内でしたが、今度は民法が5点だったので、模擬テストで間違えたところをテキストと過去問をできるだけ解きまくりました。

頑張った結果、本番のテストのほうが簡単で44点ってことです。

私の場合は本番1が月で5点ぐらいしか伸びていないですけど、すごい人は平気で10点とか伸びますからね。本番前の模試と前日模試はホントお勧めですよ。

まとめ


・2016年の宅建試験の合格点は35点とここ最近での高得点!例年問題が難しくなっているので暗記だけで受かる試験ではないという事

・1日各項目を20問解いて、インプットとアウトプットを繰り返しながら、解らない言葉がでてきたらググって調べるべき!調べることで点で覚えるのではなく、線で覚えることができる。

本番1カ月前に2回模試を受けることによって、自分の苦手なポイントや現在の立ち位置がわかる。そのため本番での得点が大幅に伸びる事から、模試代をケチらずに受けるべき!


宅建合格体験談いかがだったでしょうか?

今年宅建試験に落ちてしまったからはとっても悔しい気持ちだと思います。特に不動産業界の方は上司から怒られる場合だってあります。私も経験済みです。

だからこそ落ちたとわかってからできるだけ早く1日20問問題を解いて、来年笑顔が迎えられるようになっていただければ嬉しいです。

この記事が宅建を受けるみんなに役に立てばホントうれしいです。体験談以外にも宅建攻略法も合わせてどうぞ!

あわせて読みたい!

初めて宅建を受ける人が一発合格する超具体的な勉強法を現役宅建士が教えるよ。

/aside]
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です