地鎮祭にかかる費用はいくら?損をしない為に知っておきたい玉串料の相場とは


注文住宅では必ず地鎮祭を行うので、施工会社が氏神様が司る神社に地鎮祭を行う予約をするのですが、建売住宅の場合は地鎮祭を行わない為、土地の時点での購入(青田買い)をしたとしても地鎮祭の手配は買主が行うのが原則です。

ただ建売会社の工務店としては、工期に基づいて建築スケジュールを組んでいるので、地鎮祭の手配まで行えないのです。だからこそ買主であるあなたが地鎮祭の手配をする必要があります。

地鎮祭を行う上で一番気になるのは費用がいくらかかるかが気になりますよね?

そこで地鎮祭にかかる費用と相場をお伝えします。
スポンサーリンク

初穂料(玉串料)はいくらかかる?


初穂料(玉串料)とは神主にお支払するお礼金になります。初穂料の一般的な相場は大体3万~5万円です。

初穂料には神社ごとにばらつきがあり、後述で紹介する竹縄・砂やお供え物を事前に用意してくれる神社であれば、5万円近くかかりますが、竹縄を施工会社の工務店に用意させる場合は3万円以下で収まるケースもあります。

また神主が車で現場までお見えになった場合は、初穂料以外にも交通費を支払うケースもあります。相場としては大体5千~1万円程度になります。

私がお客様に同行した地鎮祭では交通費を支払ってはおりませんでしたが、地域や神社によっては必要になりますので、神社に確認してみる必要があります。

地鎮祭が行える神社のまとめサイトをご紹介させていただきますので、下記のサイトで神社に詳しい費用をお問い合わせください。

地鎮祭神社どっとこむ

竹縄と砂を用意するのは工務店にお願いするのが一般的!場合によっては受付できないかも・・


竹縄と砂を用意するのは神社側ではなく、施工する工務店が用意するのが一般的です。費用は大体1万~2万円の間が一般的ですね。

ただ私の経験した地鎮祭の準備で、竹が手に入りずらいなどの理由で5,000円程度の金額があがったことが有ります。

もちろん竹縄と砂を施行する工務店が準備してもらえるならば、上記の初穂料(玉串料)はその分安くなります。

 

お供え物の準備!場合によっては神社が用意してくれることもある。

スポンサーリンク


地鎮祭の神前におく、酒・米・野菜などのお供え物ですが、大きくお金がかかるのはお酒と米ぐらいなので1万円あれば十分間に足りるでしょう。

ただ神社によってはお供え物を用意してくれるケースもあります。その場合は初穂料(玉串料)にお供え物代が含まれております。

私はお供え物を用意したパターンと、神社のほうで用意してくれたパターンの2パターンを経験しておりますので、お供え物の準備の有無はそれぞれの神社で確認してください。

お供え物の準備が大変!?地鎮祭をやる前に知っておくべき4つのポイント


トラブル防止!?工事前の近隣の方への挨拶周りの費用は?


地鎮祭が終わってから、近隣住民に工事前の挨拶を行うのが一般的です。近隣住民への挨拶する際の手土産として大体500円~1,000円くらいの菓子折りを持って工事前の挨拶をします。

ここでお勧めしたいのがクオカードです。クオカードは誰が貰ってもうれしいものです。私のお客様もクオカードを近隣住民にお渡ししたところ、近隣住民の方も喜ばれておりました。

近隣住民への挨拶を行う範囲としては、隣2件、正面、後ろの大体6件~7件回ればOKです。手土産の総額は約7,000円ぐらいです。

ただ地鎮祭を行っても近隣住民への挨拶しない方もいらっしゃいます。しかし、せっかく地鎮祭を行うのであれば、施工会社と一緒に近隣住民への挨拶を行うのをお勧めしております。

家の建築は騒音や電波障害などの迷惑を近隣住民にかけるものです。特に工事中の騒音については私たち建売業者でもしょっちゅう近隣住民からクレームをもらうことが有ります。

いい家を建てるのには近隣の協力が無ければ、建てることができません。

新居に引っ越しした後に、近隣住民との良好な関係を保つためには最初が肝心です。近隣住民への挨拶はしっかりしておきましょう。

まとめ

地鎮祭にかかる費用と相場についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

初穂料(玉串料)及び竹縄・砂設置・お供え物・近隣住民への挨拶費用を足した総額をまとめると?

初穂料(玉串料)(3万)+竹縄・砂設置費用(1万)+お供え物(1万)+近隣挨拶費(7,000円)になるので・・・

大体5万~6万円が相場だね。

この記事が役に立ったと感じた方、シェアやハテブ等をお待ちしております。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です