新築戸建の最終1棟を購入するメリットについて【建売住宅】

よく広告や近くの分譲地で残り最終1棟と宣伝している建売住宅があると思います。

そしてその建売住宅は決まって値下げをして安くなっております。

さらに当初の値段より600万円~700万円を値下げする、バッタ売りをしている企業もあります。←筆者はバッタ売りの物件を狙っております(笑)

ただあまりの値段の下げ方に、これから住宅を購入しようとしているあなたにとっては

「物件には何かあるんじゃないか?」

「あまりに値段を下げているから欠陥住宅なんじゃないか?」

この2つの点を持っているかもしれませんが、恐らくは・・

 

ただね。こういう物件は滅多に出ないので!?

 

絶対に購入を検討すべきだと思うよ!!マジで

 

筆者がオススメする最終1棟のメリットをお伝えいたします。

新築戸建最終1棟の圧倒的なメリットは?

金銭的メリット

 

最終1棟のメリットはまずは圧倒的な安さにあります。

値段は最初の販売価格(出値)から200万~300万円安い物件が一般的で、時には600万円~700万円安い物件もあります。

仮に最終1棟で相場より300万円も安く変えた場合は、変動金利0.625%の35年払いであれば月々の支払いが約8,000円も安くなります。

8,000円も安くなれば、家族と外食1回~2回は行けそうですね。

ちなみに当初の販売価格より700万円下がった場合は月々約19,000円も安くなります。

ではなぜここまで安くするのでしょうか?

 

建売業者は土地を購入してから1年間で売り切る必要がある。

期限

 

一番の理由はここにあります。建売業者は建売用地を購入する際に銀行から融資してもらい購入することになります。

実は銀行から土地を借りる多くの場合は事業計画を出して、購入後1年以内に完売することを条件に融資をしてもらっているケースが多いです。

この1年の返済期間を過ぎてしまうと、次に土地の融資をしてもらうときに、実績により金利が高くなったり、もしかすると融資が下りない場合だってあります。

そして早く売り切りたい理由として金利の支払いが挙げられます。

土地を購入するときに銀行からお金を借りますので、当然金利がかかります。

金利の計算方法として日割り計算で約2%ほどの利子を銀行に支払わなければなりません。

仮に1億円の土地を購入した場合は、利子だけで年間200万円も銀行に支払う必要があるのです。

だからこそ早く売り切りを行い、次の現場の完売を目指して営業を賭けていきたいところなんですよね。

売れない物件をいつまでも持っておく必要はありません。

特に大手のパワービルダー系といわれる業者は赤字に近くても早く売り切りたいのです。

 

現場ごとの利益が確定したから

利益で儲かる

 

大手のパワービルダー系の飯●産業や●建設などの年間7000~8000棟を建てる業者では、各分譲地で一定の利益を取ると、早く利益を確定させるために、値下げをして売り切ろうとします。

大手建売業者は特徴として現場ごとで利益を見ております。

利益を早く確定させることで、販売の広告コストや金利を安く済ませたいという狙いがあると思います。

ただ中小企業の建売業者では年間よくて20棟を建てる業者がほとんどで、中小企業の現場は規模が小さいことから、売れなくても1棟単位で規定利益を取ろうとはします。

よって中小企業は分譲地ごとの利益確定によって赤字覚悟の値下げとかは行わないでしょう。

値段が安くても住宅としての機能に問題は無し!

木造 構造躯体

 

いくら値下がり幅が大きすぎるからと言え、住宅としての機能が伴っていないと思ってしまうのはナンセンスです。

値下がりした物件の多くは、敷地延長などの奥地によって日当たりが悪い物件だったり、嫌悪施設(墓や変電所が近い)などの一般的にウケが悪い物件であるものの、住宅としての性能はほかの売れている物件と全く同じです。

パワービルダー系の物件は赤字価格まで値下がりするので心配してしまう気持ちはわかりますが、建物の構造だけは中小企業の物件よりしっかりしております。

理由として年間7000棟~8000棟建てている業者に構造の不具合が起きてしまった場合はどうなるでしょう。1棟や2棟だけであればいいですが、一気に何千棟の補修ってなると大損失になりかねません。

だから構造だけはゴッツイ構造で作っております。IDS工法とは?

もちろん中小企業の建売住宅も建築基準法に基づいた構造ですし、万が一の時の為に保険も入っております。

 

更に値引き交渉はできるの?

価格交渉

 

価格を下げたばっかりの新築戸建に値下げ交渉はむずかしいと考えられます。

というのはこの金額で利益を確定したいという思いで値下げをして、各営業マンにこの金額で売ってこい!っていっております。

仮にあなたが値下げ交渉をしたところで、相場よりかなり安い物件であれば、わざわざ値引き交渉を受けなくても他の人が申込書を入れてくるので断られるのがオチです。

ただ絶対ではないので、ここは交渉です。10万~30万ぐらいだったら可能性は十分あります。

 

購入するときはなぜ売れないかを確認しておく事

チェックリスト

 

安い物件には必ず理由があります。

あなたの担当している営業マンに聞いてみてください。

そして環境的なことなのか、土地そのものが原因なのかなどをはっきりさせてから契約をすべきでしょう。

きっとお買い得物件でしょう。

ただ特に理由がない場合があります。

それは売主業者の決算が近い場合は値下げをしてでも売ります。

そういう場合は購入しちゃってもいいんじゃないでしょうか?

 

まとめ

 

住宅購入は一生に一度のお買い物なので、沢山悩んでしまうかと思いますが、こういう掘り出し物件は一瞬にして売れてしまうのも事実です。

もしあなたが少しでも欲しいなと思った場合は、すぐに住宅ローンの事前審査だけでもしておきましょう。ローン審査は購入する物件だけに行うものではありません。

あなたがいくらまで購入できるかを銀行に証明してもらうことによって、他の方と同じタイミングで購入申込書(買い付け)を出した場合は、借り入れができると証明されたほうが優先されます。

立ち止まって購入を考えるのではなく、行動しながら購入を考える。

これが住宅購入の成功の秘訣だと私は思います。

やっぱダメだと思ったらやめればいいですから。

この記事を読んで、値下がりしている物件の不安を解消していただければ嬉しいです。

毎日物件を探しているのに物件が見つからない方!100人中44人が未公開物件を貰った方法

 

SUUMOやホームズなどのネットサイトで、毎日物件を探しているけど・・・

「同じ物件ばっかり!」

「物件数が少ない!」と悩んでいませんか?

あなたが探している良い条件の物件・土地情報は、不動産屋が裏で売却しているため、スーモやホームズでもなかなか見つからないのが現状です。

ネット広告に掲載する前に売れてしまう条件の良い未公開物件を見つけたいのであれば、60秒の入力で全国300社以上の不動産屋に無料で問合せができるタウンライフ不動産を利用する事をお薦めします。

 

なぜ、タウンライフ不動産を薦めるのには不動産業界の仕組みが関係しております。

多くの建売業者が用地仕入れをする際、仲介会社の紹介で土地を購入している手前、契約した仲介会社にしか取り扱いができない物件として販売します。(専任媒介:コレが未公開物件)

また場所の良い自社限定物件も、SUUMOやホームズに掲載せずに自社の顧客情報だけで契約すれば、仲介手数料が掛からず安く済みます。

そもそも条件の良い売れる物件に、わざわざ広告料を払って未公開物件を公開する理由がありません。

条件の良い土地・物件を探すためには、物件情報を持っている不動産屋に問い合わせするべきなのです。

そしてタウンライフ不動産とは、「オープンハウス」・「ポラスグループ」など建売業者(売主)を始め、大成有楽不動産販売などの大手仲介会社を含めた全国300社を超える不動産屋と提携しているサービス。

累計112万人にも利用されており、「理由満足度」「使いやすさ」「勧めたいサイト」のNO1なんです。

このサービスは不動産屋でも知らない人が殆どです。

ですが、今後はSUUMOなど同じ物件ばかり載ったサイトからの問合せでは無く、物件情報を持っている不動産屋に直接問合せが当たり前になってきます。

ただ現状で、物件情報の数を知りたいのであれば、HOMESやSUUMOを見ていた方が良いかもしれません。

タウンライフ不動産は物件情報量では負けます。

正直、物件量が少ないのが最大のデメリット。

しかし、厳選された情報ってなると、話は変わってきます。

不動産業界の仕組みを理解し、独自の物件情報を持っている不動産屋に問合せができるのが、タウンライフ不動産の最大の強みなのです。

だからこそ、元建売業者の秋もオススメします。

 

最後にタウンライフ不動産が未公開情報を手に入れられるのか?よくある質問をQ&A方式で回答します。

タウンライフ不動産を利用すると契約しないといけないのでしょうか?
あくまでもタウンライフ不動産は、不動産会社からの無料一括資料請求サイトに過ぎません。

手元に届いた資料の中で気になる物件・提案が無ければ契約どころか、不動産会社に行く必要もございません。

問い合わせに手間や時間がかかるんでは無いのか?
入力はたった1分でできます。具体的に言えば、予算・探している物件の種別・希望条件(4LDK以上!・駅徒歩5分以内)を記入し、提案してくれる不動産屋を選ぶだけです。

入居したいタイミングなどを記載すると、タイミングによっては中古物件による住み替え案件も紹介されるようになりますので、住み替え時期の入力もお薦めしております。

本当にタダで物件情報をくれるの?本当はお金が掛かるんじゃ・・・
本当に無料なのでご安心ください。厳密に言えば不動産屋が広告費として負担しております。

1点が注意点として、無料のサービスなので、本人確認が取れなかったり、条件をいい加減に書いたりすると、イタズラと見なされてしまいが物件情報が届かない場合もあります。

必ず未公開物件は貰えるの?
タウンライフでは不動産会社300社と提携しておりますが、問合せ先の不動産屋の営業状況によっては問合せ時期において未公開物件が無い場合も勿論あります。

独自にランサーズ経由で利用経験者100人に調査したところ44人の方がネットでは見たことが無い未公開物件を頂いたという回答を頂いております。問合せ時に未公開物件を頂けなかったとしても毎日ように土地の査定依頼・販売依頼を受けている会社様を厳選した提携先なので、後日未公開物件を紹介して貰えることも!

もし、必ず未公開物件が貰えるっていうサービスはおとり広告を利用している可能性が非常に高いので逆に要注意

正直こういうところを利用するとしつこいんじゃ・・
私自身2度利用したことがありますが、本人確認の上、希望連絡をmailにして貰ったところ電話による連絡は無くなりました。むしろ、ほかの見積もりサイトで利用した不動産屋からの電話が今のところたくさん来ております。

もし、タウンライフ家づくり経由のハウスメーカーがしつこかった場合は、タウンライフの担当者に伝えれば、あなたの代わりに連絡停止を伝えてくれます。ただ本当に良い情報の場合は、mailの返信する前に決まってしまいますから、電話による連絡もあるかもしれません。

そのときは良い土地情報をくれる人だと思ってお付き合いした方が良いでしょう。

 

あなたが問い合わせをしない間にもほかのライバル(購入者)がタウンライフ不動産を使い、未公開情報の良い情報から契約していきます。

「なかなか物件が見つからなくて、住まい探し辞めよっかな・・・」

スーモやホームズで良い物件情報が見つからないと悩んでいる方にこそ、物件を探すポータルサイトから、たった60秒間の入力で情報を持っている不動産屋から物件を探してみませんか?

 

 

 


元住宅営業マンの秋月

元住宅営業マン一押し!

未公開物件・注文住宅の情報収集に使えるサービス3選

 

タウンライフ家づくり:★★★★★

全国600社の大手ハウスメーカー&地元工務店から複数の間取り&資金計画が無料で手に入れられるハウスメーカー相見積もりサイト。プラン力は勿論・1つのハウスメーカーにとらわれない家造りが出来るのがオススメ!

タウンライフ不動産:★★★★

100人中44人が未公開物件が貰えたと好評!独自の基準をクリアした全国300社の大手&地元不動産会社に直接問合せできるので注文住宅の土地探しにオススメ!もちろん都内の未公開物件も狙えます。

HOME,S 住まいの窓口:★★★★

資料だけじゃ分からない!電話でいろいろ教えて欲しいって方にオススメ。テレビCMで有名なホームズ:住まいの窓口で住宅購入に関する疑問を始め資金計画の相談を朝10時~夜20時までできます。お仕事帰りでも相談できると好評!

 

こちらの記事が人気です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です