借金が怖くて不動産投資ができない人にこそせどりを副業にすべき理由


不動産投資は最近CMなどのおかげでより身近なものになりましたが、物件を購入するには何千万、都内であれば何億もローンを組む必要がありますから、実際に買うってなったらめちゃくちゃ怖いですよね。

わたくし、秋は元不動産営業マンだったにも拘わらず、不動産投資を行うために物件を購入するのは怖かったし、重説(重要事項説明書)にサインするのに手が震えていたことを覚えております。今ではおそらく怖いとは思いませんが、やっぱり最初の1件目は誰にとっても怖いものです。

私はどちらというと借金・不動産投資という言葉の本質を理解していたので、不動産投資でローンを組むのは当たり前だと思っていたのもあってか、自宅を購入する前のわずか25歳になったばっかりの時に物件を購入してしまいました。でも多くの方は不動産ということに多く触れないと思いますし、借金は悪!というイメージが先行しているのも理解できます。

借金は悪・怖いというイメージから不動産投資が始められない方は多いのではないのでしょうか?

でも不動産投資を早く始めないと老後は不安だけど、物件を買う勇気が持てないという名のループにハマってしまい自己嫌悪から抜け出せない方も多いと思っております。

実はこのループ、25歳になったばかりの私もそう思ってました。そんな方に本気でお勧めしたいのがせどりです。

は?転売かよと思った方。

甘いです

せどりをやれば不動産投資の運営に関して非常に勉強になることが多いからです。僕も不動産投資⇒せどりと始めましたが、資金管理・商品管理(物件管理)・出口戦略(売却)面で非常に勉強になっております。

前置きが長くなりましたが、不動産投資が怖くてせどりを始められない方へ、せどりを始めるべき理由をご紹介させていただきます。

元住宅営業マン秋
私はせどりで最初に黒字倒産・赤字を連発しました。これが不動産投資だったら終わりですが、せどりでは赤字経験が大きな財産になっております。どうすれば黒字になるかを考えられる思考能力が付いたからです。

不動産投資が怖いと思っている人がせどりから始めたほうが良いと思う4つの理由

せどりで商品仕入れ(購入する不動産)するスキル・思考を学ぶことができる。


せどりが上手くいくためには安く買い、高く売るという考え方が重要です。

不動産投資もここ最近ではインカムゲインばっかりに注目を集めてしまい、この思考が抜けている方が多くいらっしゃると思います。

不動産を転売をするというのは基本的には無理な話ですが、不動産で基本的に儲かる考え方としては、【総額的に得られる家賃収入+築年数に応じた不動産価値>>ローンの総支払額+管理費修繕費+諸経費(ランニングコスト・購入費・売却費)+頭金】という公式でプラスになるような物件を仕入れしなければなりません。

ここには地震・金利上昇リスクは入れておりません。

しかし、初心者サラリーマン大家が安定的な家賃収入【不労所得】というキーワードだけに目をつけて、最終的には不動産を購入したけど、「赤字だった」・「もしくは売れない」など、そのあたりを踏まえて購入している人が少ないなと思います。

なぜこんなことを言い切れるのか、私も不労所得というキーワードだけで不動産を購入してしまったサラリーマン大家の一人だからです。

せどりで仮に利益だけが出まくる商品(全く売れない)ものを買っても、最悪商品代を損切すればいいだけの話ですが、不動産投資の場合、損切といっても何百万の世界の上、抵当権抹消ができなければ売却すら行えない厳しい世界です。

安く買い、高く売る(黒字になる)

考え方をせどりを行いながら考え方を学んでいってほしいなと思います。それからでも不動産投資を始めても遅くはありません。

クレジットカードを使用し仕入れをすることで、銀行からお金を借りて運営していることを実感する。赤字になったら倒産するイメージで臨むことができる。


せどりで大きな成果を上げるためには、クレジットカードを利用した仕入れが必要になります。まさか手持ちのお金だけで仕入れをするというのはないかと思います。

ビジネスを大きくする1つの考え方として「他人の金を使って利益を得る」という考え方があります。不動産業者の社長はみんなキャッシュを使わずに土地を購入し、建売住宅・アパートを建築し一般消費者売却して利益を得ております。ここでは不動産屋は自分のお金を使っていないですよね?

でも利益を得ることができております。

不動産投資も同じような考えです。投資用ローンという銀行のお金を使い不動産を購入し、入居者の家賃を使いながらローンを返済しておりますよね。都内の新築ワンルームなど運営しているとここに給料から持ち出しが発生しますが、それでも他人のお金を使ってローンを返済していることには変わりありません。

せどりも同じです。仕入れ資金をクレジットカードを使用して購入し、カードの支払日までに売上で仕入れ資金を払い。残った額があなたの利益です。またその利益も仕入れ資金として使用し、少しづつではありますが、仕入れ額・売上額を大きくして複利的なビジネスを行っていくと、いつしか自分では思っていなかったお金になっているようになります。

僕も最初は仕入れ資金が5万程度で1万円の利益でしたが、複利効果のおかげで、今では仕入れ資金が20万近くまで増えております。仕入れ額が増えれば売り上げも上がりますから、その結果売上が30万近くになり、経費を引いても利益6万程度残ります。

僕はせどりに失敗してここまでの仕組みを作るのに、自分のお金を使用してしまいましたが、これからは自分のお金を利用しなくても、売り上げ・仕入れ資金・利益を増やすことは可能だと思っております。

この体験をすることで、不動産を購入するときのローンを組むという悪いイメージがだいぶ軽減されると思うんですよね!だってやってることは一緒です。違うのは金額だけ。

もう一つはクレジットカードの支払日を遅くするということ。返済期限を延ばすということです。借り入れした額のお金を自由に使える時間といいますか、その時間を延ばすことでクレジットカードの支払いができないというリスクを軽減することにもつながります。

例えば1日で10万円返済するのと、1か月で10万円返済するのでは難易度が全く持って違いますよね?1日で返済するとなれば10万円を1日で用意しなければなりませんが、1か月で10万円をよういするとなると、1日3,300円程度の売り上げがあればカードの返済は十分可能です。本せどりで言えば3冊売れば終了ですよ。それ以上売れば利益です。

これもせどりでは肌で感じるほど支払期限のスケジュール管理というのを体感することができます。不動産投資は何十年とあるので、なかなか実感しずらいのが現状ですが、ぜひこの感覚は不動産投資を始める前に知ってもらいたい感覚ですね。

商品管理・資金管理などの会計スキルを学べる。(確定申告も不動産投資には必要)


せどりではAmazonのサービスであるFBA(フルフィルメント・バイ・アマゾン)が梱包・発送を行ってくれるので、あなたが発送準備・梱包を行うことはありません。しかし、出品作業は別なんですね。仕入れした商品をアマゾンに登録をしなければなりません。☜これが一番めんどくさい。

ライバルが多いわけですから、お客様が自分の商品を購入してもらうためにはコメントを充実させたり、写真をつけたりなどの差別化を行うことが重要です。お客様が不安に思っていることを前もって解消できる出品方法を行えば、相場よりも高く売れるのがネットショッピングの醍醐味でもあります。

おそらくあなたもネットショッピングで物を購入しようと思った時に経験があるはずです。

例えばとある雑誌を購入するときに、付録が目当てなのに、付録がついているかのコメントがなければ、その出品者から購入したいと思いますか?しないですよね。逆にあなたが付録が欲しいということを察知して付録のことをコメントに入れている人だったら高くてもそちらを買うと思います。

不動産投資も同じだと私は考えております。例えば、ぼろぼろの築古物件を格安で購入しても、そのエリアでの独特な賃貸市場を読み取ってそれにマッチした賃貸住宅づくりをすることが、高い利回りをたたき出す秘訣ではないのかな感じております。☜これが本物の不動産投資だと思っている。都内買えばokって思っているのはただのカモ

この思考をせどりで学べるのです。

また年20万円以上の収入があった場合は確定申告を行わなければなりません。せどりで確定申告を体験しておけば、不動産投資でも怖いとは思いませんよね。

せどりで稼げるは立派な資産!月5万円稼げれば都内の物件を持っている以上の価値が有ることに気がついて欲しい。(リスクヘッジになる)



秋が一番言いたいのはコレ!

不動産投資ってお金が出てくる仕組みを増やそうと、「資産を増やさないといけない!」と焦っている方はおりませんか?これ24歳の時の私の考えでした。でも。資産て金融商品・不動産・仮想通貨だけではありません。あなたの経験・スキルなども立派な資産だってことを忘れないでほしいのです。

てかせどりで5万稼げるってめっちゃすごいことなんですよ。会社以外で5万稼ぐってなったらまあ大変です。せどりに関してだけど、ネットビジネスで月5,000円以上稼げない人が90%以上、3万円以上稼げる人が2%程度しかいない中で5万稼いでいるわけですから、そりゃあすごいスキルだと思いますよ。

せどりをそのままやって売り上げ収益を伸ばすのもよし、お金をいただいてせどりを教えるのもよしと、実践以外にも教えるということでも収益が発生することを忘れてはいけません。

またせどりで5万稼げれば、購入した不動産が毎月赤字でもせどりで十分補填できてしまうんですよね。更に繰り上げ返済で月々の支払額を抑えるタイプを選べば、最初は赤字だった事業が、黒字になったということで、次は地方の木造アパートを購入するという選択肢も生まれてきます。

不動産投資で失敗して赤字になったらどうしようと動き出せない方は、ぜひ会社以外の収入を不動産投資以外で構築し、不動産投資を始めるリスクを極限までに減らすことから始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

僕は不動産営業マンだったため、不動産投資に対しては厳しい状況で行っております。そして毎月1万程度の管理費修繕費が赤字です。ただこれはせどりで支払うことができ、さらにはせどりの利益で余ったお金を使い繰り上げ返済も行うかどうかまでに来ております。

【不動産投資怖い⇒借金が悪⇒不動産投資を早く始めないと不利になる】のループを抜け出すためには、少しづつお金を借りること、返済することから取り組む必要があります。

せどりでは、借金を組む(クレジットカードを使う)・損した経験をすることができます。失敗といっても不動産投資に比べれば少額です。

少しづつお金を借りることができるようになったら、不動産投資でローンを組むのは怖いというイメージが軽減されると思います。その時にまた不動産投資を行うかを検討すればいいのです。

元住宅営業マン秋
一番ダメなのは、不動産投資をやらない自分に自己嫌悪しつづけることなので、それであればせどりをはじめて見たらいかがでしょうか?下記にせどりの必要なものを紹介しております。

不動産投資を行う前にオススメしたい副業はせどり

せどり初心者はツールを揃えるべき?月5万円稼ぐために必要なもの


こちらの記事が人気です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です