オール電化で後悔している人多すぎ!オール電化で後悔する4つのデメリット

オール電化住宅はガスを使わないため、小さい子供がいたずらしても火災も起こらないうえ、ガス代よりも電気代のほうが安く済むといわれていることから、オール電化にされる方も多いと思います。

オール電化のメリットをまとめます。

オール電化のメリット
・電気を使用するため、火災の心配がない

・ガスコンロでは油汚れで掃除が大変だが、オール電化は汚れにくく掃除が楽

・電気料金になるため、光熱費が把握しやすい(使い方によっては安くなる傾向にある)

オール電化はその名のとおり、電気のみになるため、火を使わずに火災になることもない上に、電気のみにまとめることによって、月々の光熱費が安くなる傾向にあります。(マンションだとオール電化特約などもあったりします。)

更に電力自由化により、電気の使用量に応じて、各電力会社のサービスを受けることができますので、電気会社とオール電化会社の組み合わせによっては、オール電化がもたらしてくれるメリットは絶大です。

しかし一方で「オール電化 後悔」の検索が月1,000回程度あることから、オール電化にして後悔している方が多いというのも事実です。

今回はオール電化にして後悔しないために、オール電化の4つのデメリットをまとめていきたいと思います。

オール電化のデメリット1:震災に弱い。震災時に火が使えないのはやっぱりつらいよ

2008年以降からオール電化住宅がものすごい勢いで復旧し、これからの住宅はオール電化が当たり前みたいな風潮がありましたが、2011年の東日本大震災によって、その風潮は一瞬で消されました。

オール電化の最大の弱点は、震災時に電気がつかえなくなったら何もできないということです。

証明をつけるのはおろか、お湯も沸かせません。

私の実家もオール電化で、当時電気が停電してしまったときに、慌ててガスコンロを使ってカップラーメンを作った記憶があります。いくら地震に強い家だろうが、震災後に家で生活ができないのであれば、本当に震災に強い家とは言えません。

その点、ガスは、都市ガスであれば、ガス管に異常がなければすぐに使用できますし、プロパンガスであれば1時間~2時間程度でお湯を余裕で沸かせます(笑)

オール電化のデメリット2:電気料金は使う時間帯によって電気料金が変わる。昼間に使う電気料金は夜の3倍以上

(円、税込)
単位 料金単価
基本料金 最初の10kWまで 1契約 1,188.00
10kWをこえる1kWにつき 1kW 388.80
電力量
料 金
昼間時間 最初の90kWhまで 第1段階 1kWh 21.64
90kWhをこえ
230kWhまで
第2段階 28.59
230kWh超過分 第3段階 32.76
夜間時間 9.94

※「昼間時間」とは毎日午前7時~午後11時の時間をいいます。

※「夜間時間」とは毎日午後11時~翌日午前7時の時間をいいます。

※電気を全く使用されない(使用量が0kWh)場合の基本料金は半額といたします。

出典:関西電力

上記の関西電力の電気料金からわかることは、朝の7時~夜の11時の一番電気を使う時間帯を夜の電気料金の3倍以上に設定されていることが分かります。

つまり電気を使う時間帯や、電気使用量によっては、電気・都市ガス併用時の光熱費よりもオール電化のほうが高くなる場合だってあるってことです。

更にここからが重要で、オール電化にするってことは、その電力会社の経営状況によって、あなたの光熱費が大きく変わるってことです。もし関西電力の経営が悪化して、1TWの値段を5円上げた場合、月100TWt使っていれば、500円、300WTを使っていれば月々1,500円の値上がりに直結します。

一つのエネルギーに依存するということは、エネルギー会社1社に依存することになりますので、値上がりリスクなどもガス・電気併用にはないリスクになります。

オール電化のデメリット3:オール電化にしてしまったら最後、ガス併用にするのは原則できない

オール電化の家を建築する際に、外のガス管を建物内に配管しないため、オール電化からガス併用に変更することはできません。(戸建ての場合もしかしたらできるかもしれませんが、マンションの場合は絶対に無理です。)

オール電化で後悔する方は、ガスにすればよかったと思っても、ガスに変更することができないことをオール電化にしてから知った方が多いからです。

オール電化にするのであれば、ガスは使えない!

です。

ちなみに逆はできます。ガスコンロの手入れがめんどくさくてIHに変更する場合、ガスコンロを取り外し、キッチン内のコンセントに差せば、IHコンロはすぐに使えます。

オール電化のデメリット4:エコキュートは給湯器に比べて、商品が高いので壊れた時の修繕費がかかる。

エコキュートや給湯器は15年程度で壊れることが多いことから、取り替える工事費が必要になります。給湯器は一般家庭用の20号の取り付けは6万円程度から行えるものに対し、エコキュートはかなり安くても15万程度の費用負担がかかります。

つまり壊れた時に約10万円以上の費用負担の差が生じます。

仮にオール電化にして、光熱費が月1,000円安くなったとしても、8年以内にエコキュートが壊れてしまった場合は、ガスを使用しているほうが結果的に安くなってしまうのです。

後悔する人ほど、月々の金額だけを見てしまいがちですが、修繕費の内容も把握してからオール電化にしましょう。

まとめ

・オール電化の最大のデメリットは、災害時に火が使えないこと。いくら地震に耐えられる家でも、災害後に住めない家では意味がない。

・電気料金は昼と夜に使用する電気料金が約3倍以上異なるため、電気の使い方によっては、ガスを使用していた時の光熱費よりも高くなってしまう場合がある。

いったんオール電化にしてしまうと、ガスに変更することはできない。ガスからオール電化にすることはすでに電気が通っているため可能

・オール電化で後悔する人ほど、月々の支払価格だけみて、修繕費を見ない。エコキュートはガス給湯器の3倍程度の修繕費がかかるので、その差額を含めて比較検討する

オール電化を選んで後悔しない為のデメリットをまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

これ以外にもエコキュートの低振動波問題で、子供に影響があるともいわれております。ただ一方でオール電化にすると火事が起きないなどのメリットもあるので、メリット・デメリットをしっかり比較検討して、後悔しない選択をしてもらえれば幸いです。

この記事が役にたったらコメントやシェアをいただけるとうれしいです。最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

毎日物件を探しているのに物件が見つからない方!100人中44人が未公開物件を貰った方法

 

SUUMOやホームズなどのネットサイトで、毎日物件を探しているけど・・・

「同じ物件ばっかり!」

「物件数が少ない!」と悩んでいませんか?

あなたが探している良い条件の物件・土地情報は、不動産屋が裏で売却しているため、スーモやホームズでもなかなか見つからないのが現状です。

ネット広告に掲載する前に売れてしまう条件の良い未公開物件を見つけたいのであれば、60秒の入力で全国300社以上の不動産屋に無料で問合せができるタウンライフ不動産を利用する事をお薦めします。

 

なぜ、タウンライフ不動産を薦めるのには不動産業界の仕組みが関係しております。

多くの建売業者が用地仕入れをする際、仲介会社の紹介で土地を購入している手前、契約した仲介会社にしか取り扱いができない物件として販売します。(専任媒介:コレが未公開物件)

また場所の良い自社限定物件も、SUUMOやホームズに掲載せずに自社の顧客情報だけで契約すれば、仲介手数料が掛からず安く済みます。

そもそも条件の良い売れる物件に、わざわざ広告料を払って未公開物件を公開する理由がありません。

条件の良い土地・物件を探すためには、物件情報を持っている不動産屋に問い合わせするべきなのです。

そしてタウンライフ不動産とは、「オープンハウス」・「ポラスグループ」など建売業者(売主)を始め、大成有楽不動産販売などの大手仲介会社を含めた全国300社を超える不動産屋と提携しているサービス。

累計112万人にも利用されており、「理由満足度」「使いやすさ」「勧めたいサイト」のNO1なんです。

このサービスは不動産屋でも知らない人が殆どです。

ですが、今後はSUUMOなど同じ物件ばかり載ったサイトからの問合せでは無く、物件情報を持っている不動産屋に直接問合せが当たり前になってきます。

ただ現状で、物件情報の数を知りたいのであれば、HOMESやSUUMOを見ていた方が良いかもしれません。

タウンライフ不動産は物件情報量では負けます。

正直、物件量が少ないのが最大のデメリット。

しかし、厳選された情報ってなると、話は変わってきます。

不動産業界の仕組みを理解し、独自の物件情報を持っている不動産屋に問合せができるのが、タウンライフ不動産の最大の強みなのです。

だからこそ、元建売業者の秋もオススメします。

 

最後にタウンライフ不動産が未公開情報を手に入れられるのか?よくある質問をQ&A方式で回答します。

タウンライフ不動産を利用すると契約しないといけないのでしょうか?
あくまでもタウンライフ不動産は、不動産会社からの無料一括資料請求サイトに過ぎません。

手元に届いた資料の中で気になる物件・提案が無ければ契約どころか、不動産会社に行く必要もございません。

問い合わせに手間や時間がかかるんでは無いのか?
入力はたった1分でできます。具体的に言えば、予算・探している物件の種別・希望条件(4LDK以上!・駅徒歩5分以内)を記入し、提案してくれる不動産屋を選ぶだけです。

入居したいタイミングなどを記載すると、タイミングによっては中古物件による住み替え案件も紹介されるようになりますので、住み替え時期の入力もお薦めしております。

本当にタダで物件情報をくれるの?本当はお金が掛かるんじゃ・・・
本当に無料なのでご安心ください。厳密に言えば不動産屋が広告費として負担しております。

1点が注意点として、無料のサービスなので、本人確認が取れなかったり、条件をいい加減に書いたりすると、イタズラと見なされてしまいが物件情報が届かない場合もあります。

必ず未公開物件は貰えるの?
タウンライフでは不動産会社300社と提携しておりますが、問合せ先の不動産屋の営業状況によっては問合せ時期において未公開物件が無い場合も勿論あります。

独自にランサーズ経由で利用経験者100人に調査したところ44人の方がネットでは見たことが無い未公開物件を頂いたという回答を頂いております。問合せ時に未公開物件を頂けなかったとしても毎日ように土地の査定依頼・販売依頼を受けている会社様を厳選した提携先なので、後日未公開物件を紹介して貰えることも!

もし、必ず未公開物件が貰えるっていうサービスはおとり広告を利用している可能性が非常に高いので逆に要注意

正直こういうところを利用するとしつこいんじゃ・・
私自身2度利用したことがありますが、本人確認の上、希望連絡をmailにして貰ったところ電話による連絡は無くなりました。むしろ、ほかの見積もりサイトで利用した不動産屋からの電話が今のところたくさん来ております。

もし、タウンライフ家づくり経由のハウスメーカーがしつこかった場合は、タウンライフの担当者に伝えれば、あなたの代わりに連絡停止を伝えてくれます。ただ本当に良い情報の場合は、mailの返信する前に決まってしまいますから、電話による連絡もあるかもしれません。

そのときは良い土地情報をくれる人だと思ってお付き合いした方が良いでしょう。

 

あなたが問い合わせをしない間にもほかのライバル(購入者)がタウンライフ不動産を使い、未公開情報の良い情報から契約していきます。

「なかなか物件が見つからなくて、住まい探し辞めよっかな・・・」

スーモやホームズで良い物件情報が見つからないと悩んでいる方にこそ、物件を探すポータルサイトから、たった60秒間の入力で情報を持っている不動産屋から物件を探してみませんか?

 

 

 


元住宅営業マンの秋月

元住宅営業マン一押し!

未公開物件・注文住宅の情報収集に使えるサービス3選

 

タウンライフ家づくり:★★★★★

全国600社の大手ハウスメーカー&地元工務店から複数の間取り&資金計画が無料で手に入れられるハウスメーカー相見積もりサイト。プラン力は勿論・1つのハウスメーカーにとらわれない家造りが出来るのがオススメ!

タウンライフ不動産:★★★★

100人中44人が未公開物件が貰えたと好評!独自の基準をクリアした全国300社の大手&地元不動産会社に直接問合せできるので注文住宅の土地探しにオススメ!もちろん都内の未公開物件も狙えます。

HOME,S 住まいの窓口:★★★★

資料だけじゃ分からない!電話でいろいろ教えて欲しいって方にオススメ。テレビCMで有名なホームズ:住まいの窓口で住宅購入に関する疑問を始め資金計画の相談を朝10時~夜20時までできます。お仕事帰りでも相談できると好評!

こちらの記事が人気です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です