注文住宅は土地と建物どちらから選ぶのが正解?プロは〇〇選ぶって話


あなたがこれから注文住宅を購入するときは、建物から検討しますか?それとも土地からですか?

もしあなたが土地を所有していればどこの会社で建物を建てるかを検討すればいいだけの話ですが、土地を持っていない方であれば、どちらも購入しなければなりません。

つまり注文住宅を購入するという事は、土地と建物のそれぞれ大きな決断をしなければなりません。

建売住宅は1回の選択で済みますが、注文住宅は2回も選択することになるのです。

では土地と建物のどっちを優先して選ぶべきか・・・・?

プロである私が独自の見解を示していきます。是非参考にしてみてください。

住宅営業マン秋
個々の順番を間違えてしまうと、希望する建物が建てられない、あっという間に予算オーバーになりかねません。予算オーバーしないためには正解の○○を調整して理想の家に近づけていくことになります。

注文住宅を購入するのであれば建物を重視すべき!建物から決めるのが正解。

 

タイトルの〇〇の回答は建物になります。注文住宅は建物から検討しましょう。理由は3つです。

建物から決める3つの理由

・建物に拘るからこその注文住宅!住みたい理想の建物の金額を知ってから土地を決める。

・土地から決めてしまうと、土地の立地によっては希望する間取りが入らないこともある。(北側斜線など)

・土地を購入時に予算オーバーした時に、建物であれば設備や施工会社の変更で建物代金を抑えて予算内に収める。


1つずつ見ていきます。

 

・建物に拘るからこその注文住宅!住みたい理想の建物の金額を知ってから土地を決める。

 

あなたが注文住宅を購入する理由は何ですが?理想に近い住宅で家族楽しく暮らしたいからですよね?

理想の建物というのは人それぞれ違います。間取りにこだわっているのか?

設備にこだわっているのか?また外壁や構造にこだわっているのか?またこれら全部にこだわっているのか?

これらの拘りを形にすることができるのが注文住宅の最大のメリットです。

あなたのこだわっている建物の金額を出してみましょう!

相当お金がかかると思いますが、これでいいのです。だって注文住宅なんだから・・・後でコストカットです。

このときに大切なのは土地の金額を決めないで、あなたの希望する建物はいくらかかるという事を知ってください!

予算ー理想の建物=土地代のお金になるはずです。

人によっては予算から建物代金を引いたら0円になるかもしれません。このときはそれでもかまいません。

土地を決めるときは出来るだけ安い土地を選び、建物重視で決めていきましょう。

ハウスメーカーの資料を取り寄せるのであれば、手当たり次第で資料請求をすると、営業マンからの電話が集中します。

注文住宅のカタログは無駄!一括資料請求を30社して分かった資料請求法を参考にハウスメーカーの資料を取り寄せしてみましょう。

理想の建物の金額がわかった段階で土地を決めていきます。

住宅営業マン秋
(予算ー建物)の余剰資金が、希望エリアの土地の相場をはるかに下回る場合は、予算を上げる、土地のエリアを変えるか、整形地ではなく敷地延長にする、建物の妥協点をつくるの4つの選択肢の中から選ぶことになります。

 

土地から決めてしまうと、土地の立地によっては希望する間取りが入らないこともある。(北側斜線など)

 

上記で理想の建物のプランや見積もりを出してもらったら、土地を探すところに進んでいきます。

ここでのポイントは理想の建物の間取りが、その土地に立てて建築基準法に適応するかどうかを確認するのです。

もちろん土地の日当たりや、風通し、近隣住宅の建物との距離も確認します。

確認した結果、理想の建物の間取りが、その土地でも問題なく建てられるのであればOKです。ただこれを順序を逆にしてしまうのはNGです。

土地から決めてしまうと、その土地の都市計画法や建築基準法に合わせたプランしか建てられなくなってしまいます。

注文住宅は建物が自由なのが売りです。建物からプランを決めて、そのプランが入る土地を決めていく感じです。

 

・土地を購入時に予算オーバーした時に、建物であれば設備や施工会社の変更で建物代金を抑えて予算内に収める。

 

理想の注文住宅の費用と、その建物プランが入る土地が見つかったとします。

ただここで大体の方は予算オーバーになってしまうんですよね・・

予算オーバーした時は、その土地を購入するために建物のコストカットを行わなければなりません。

せっかく理想の建物の設計をしてもらいましたが、希望条件にも順位が有るはずです。

まずは希望条件の順位を明確化させましょう!

そして建物のコストカットは、希望条件の低いか所からコストカットをしていきます。

コストカットが多い箇所は、水回りの設備仕様をグレードダウンさせたりすることが多いです。

また設備は拘りあるけど、施工会社に拘りが無ければ、ローコスト住宅の注文住宅を得意とする会社に変更するのもありです。(タマホームやアイフルホームとか)

出来るだけ建物の優先順位が高い部分を残し、優先順位が低いところをコストカットして、理想に近い建物を建築しましょう。下記の記事で予算オーバーした時に参考にしてみてください。


 

注文住宅を決める流れをまとめるとこうなる。


 

注文住宅を決める流れ

①自分が最高だと思う住宅の見積もりを取る。(価格を知ることで、土地を選ぶ予算がわかる)

②理想のプランが入る土地を購入する。土地から選んでしまうと、土地に合わせたプランしか入らない。

③予算オーバーした時は、土地を購入するために、建物の条件の優先順位を決めて、条件の低いものからコストカットをする。

④それでも土地が購入できなければ、土地を変更する必要がある。


ここで土地を重視したいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、それであれば予算を上げるしかありません。

予算がそのままで土地を重視したいとお考えの人は建売住宅を購入すべきです。

いきなりハウスメーカーに行く必要はない。ネットで一括問い合わせをして気に入ったところだけ見学に行くほうが効率的

 

理想の住宅を決めるためには、複数社のハウスメーカーの展示場で建物の打ち合わせをする必要があります。

複数の会社の特徴や、自分の理想の建物を建ててくれる会社に行くことは非常に大切です。

ただ現実は仕事や家事が忙しくて、ハウスメーカーに行く時間もない上、沢山ハウスメーカーに行ってしまうと、営業マンからの追電(電話攻撃)が待っております。

これが嫌で家を探すのをあきらめた方もいるぐらいです。

でもどんなに忙しくても、あなたの建てる家は、複数のハウスメーカーで比較して、一番良いハウスメーカーで建てたいはずです。

そんなあなたにお勧めなのが、大手ハウスメーカー22社が登録されているタウンライフ家づくり計画書の一括問い合わせです。

ここに登録されている大手ハウスメーカーは、誰もが聞いたことがある積井ハウスや三井ホームなどの計22社が登録されており、購入したいエリアと予算をたったの3分で希望エリア・間取り・予算を登録するだけで、各社オリジナルの家づくり計画書を無料で届けてくれます。

家づくり計画書が届いたら、その各会社のオリジナル計画書をみて気に入ったハウスメーカーがあれば問い合わせをすればいいし、なければまた別に問い合わせをしなくてもOKです。

各社から貰える家づくり計画書の中には、建物のプラン図やあなたの為の資金計画書を頂くことができます。

ここでポイントなのは、複数社の建物の間取りや設備を比較検討することができるってことです。

1社で建物の打ち合わせをしていると、ハウスメーカーが最初に提示された建物プランを調整して希望条件にする合わせをするのですが、それでは最初に提示された建物プランありきで検討することになります。

これでは理想の注文住宅の視野が狭くなってしまいます。

視野が狭くならないためには、複数社のプランや資金計画を比較検討し、その中で気に入ったプランのハウスメーカーと建物の打ち合わせをするのがベストなのです。

打ち合わせをするときに、問い合わせした他社のプランも持っていくと交渉が有利に進められるかもしれません。打ち合わせする時の参考になりますし、値引き交渉にも使える資料にもなるんですよ(笑)

複数社の建物プランを参考に、あなたの理想の建物プランで家を建ててくださいね。もちろん問い合わせをしたからといって気に入らなければハウスメーカーに行く必要はありません。

まとめ


・注文住宅はまず建物から決める!あなたの理想の建物はいくらで建てられるかを知ろう!

・土地から選んでしまうと、土地に対しての理想のプランしか建てられない!あくまでも理想の建物が建てられる土地を選ぶ事

・どうしても土地を重視するのであれば、建売住宅を購入すべき

・理想の建物プランは複数社のハウスメーカーのプランの中から比較検討をすべし。


住宅営業マン秋
注文住宅は数少ない建物のプランを設計できる唯一の商品です。せっかく注文住宅で家を建てるに土地にこだわって、建物がチープになってしまったら本末転倒です。

ハウスメーカーに訪問する前に自分たちの理想の間取り、建物価格の相場を知る上でもネットで一括問い合わせするのは本当にお勧めです。


こちらの記事が人気です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です