3階建て住宅を購入する為に知っておきたい3つの間取りパターンをプロが解説する。


ホームズで一戸建ての階数の割合を調べたところ、約4,800万棟のうち2階建ては約2,100万棟の半分に対して、3階建ては僅か77万棟のたった2%しかありません。

しかし東京付近の1都3県では2階建てと3階建て5:5の割合で販売されており、特に東京では9割以上が3階建ての物件です。要は土地が高く、土地が余っていないエリアは狭小地でも有効利用できる3階建てが好まれる理由です。

好立地に住みたい方は必然的に2階建てではなく、3階建ての物件を選択することになりますが、3階建ての間取りのパターンやメリット・デメリットがわからない方に向けてご紹介させていただきます。
スポンサーリンク

3階建てを購入するメリット面

3階建てを購入するメリットは以下の点になります。

・狭小地であっても比較的ゆったりしたプランが入る。

・高い土地を広く買うよりも、3階建てを建てられる土地であれば、総額を抑えることができる。

・1階を親の部屋、2階をLDK(家族団らんスペース)3階を子供の部屋などのフロアごとにプライベートスペースを作ることができる。

3階建ては何よりも土地が狭くても広い住宅が建てることができるのが最大のメリットでしょう。

東京の一等地でない所でも坪150万円くらいはしますので、無理して30坪購入して2階建てを建てるよりも、20坪を購入してゆったりとした3階建てを建てたほうがはるかに安いのです。

 

3階建てのデメリット面

3階建てのデメリットもたくさんあります。

・2階建てと比べて建築費が高い。

・土地が狭いところに建築をするので、2階建てと比べて間取りの自由が少ない

・老後になってしまうと、2階のLDKまで階段で登るのがしんどい

3階建てのデメリットは建築費が高いことよりも、歳をとってからの階段の昇り降りがものすごくつらいです。私の母は50代中盤ですが、すでに足腰が弱って2階に上るのが辛いと嘆いております(笑)

 

一番人気!2階水回りプラン


出典:http://kyosho-oh.seesaa.net/article/269450390.html

私の住宅営業の経験値ベースでお話させて頂いておりますが、圧倒的に一番人気なのが2階水回りプランです。2階水回りプランは2階にお風呂・洗面所・キッチンがワンフロアにある事を指します。

*お子様がいる家庭に推奨しております。

2階水回りプランのメリット

・2階に水回りが集中している為すべての家事を2階ですることができる。

・2階にバルコニーがあれば洗濯物をすぐに干すことができる。

・1階に水回りが無いので、1階の洋室が広い傾向にある。

2階に水回りを持ってくることで、すべての家事を2階でできるようになります。そのため奥様に人気なのです。さらに2階にユニットバスと洗面化粧台を持っていく事で、1階と3階の洋室が広く使用できるのも大きなポイントです。

2階水回りプランのデメリット

・LDKが狭くなる。(17帖以上のLDKの物件を求めるのであれば、2階水回りプランはNG)

・水漏れしてしまうと大変。1階の漏水復旧工事に比べて高く費用が付く。

・水道の取り出し管の口径を細いと水のでる水圧が弱い。

・1階に水回りが無いと、老後に2階まで上がらなくてはいけない。

2階に水回りを持っていくと、ユニットバスと洗面所で4帖分の広さが取られてしまうので、LDKがその分少なくなってしまいます。子供がいない夫婦などはLDKを広い物件を求めているのであれば、1階水回り物件が無難です。

 

 1階2部屋➕水回り➕3階段2部屋


出典:三階建て間取り

一般的な間取りがこのタイプの間取りです。1階に水回りが有るので、2階のLDKの広さは広い物件になります。

 1階2部屋➕水回り➕3階段2部屋のメリット

・2階がLDKのみになるので、リビング18帖以上の広さの商品が多い。

・1階に水回りが集中しているので、老後は1階で生活が出来る。

3階建ての間取りで一番多い間取りのタイプがこのタイプになります。1階に水回りがあるので、水道管の取り出し管が細い土地でも十分に対応ができる間取りです。

1階2部屋➕水回り➕3階段2部屋のデメリット

・家事導線が一か所に集中していない。

・水回りが1階にあるため、一階の部屋が狭くなる。(1階に主寝室は難しい。)

一番オーソドックスな間取りですが、最近の傾向だと家事導線が一か所に集中していないことから、若い夫婦には敬遠されがちな間取りです。最近は夫婦共働きが当たり前になりつつあり、家事をする為には水回りが1箇所に集中しているほうが効率が良いのです。

 

1階1部屋+2階1部屋+3階2部屋タイプ


出典:http://blog.livedoor.jp/myhome_plan/archives/cat_50029011.html

1階広い洋室が1部屋+水回りを配置し、2階にLDKとは別に1部屋が有るタイプの部屋です。体感の話ですが、3階建て全体の間取りの割合としては1割しか無い間取りのタイプです。

 

1階1部屋+2階1部屋+3階2部屋タイプのメリット

・LDK階に部屋を追加する分、1階の洋室が広くなる傾向がある。8帖は確保できる。

・LDKに追加して1部屋を使用できる分、LDKを最も広く使うことができる。LDK階を一番広く使いたいって人はこのタイプの間取りを購入すべき

・土地の間口が狭い物件でも対応できる間取り。

LDKの使用できる広さが一番大きい間取りがこのタイプです。仮にLDKが17帖だったとしても洋室6帖の部屋と連動して使用できれば、23帖LDKとして使用可能です。

ただ間取りのタイプは私の経験値からいうと、一番人気が無い間取りです。この間取りは狭い土地をいかに分譲するために生み出されたプランだからです。

この間取りは土地を小さく細切れに分割して、土地の間口を少しでも減らしたいという分譲会社のニーズに最適なプランなのです。*間口が狭くても住居スペースを確保するため。

ゆえに東京都内の分譲地ではこの間取りのプランがものすごく多いです。

1階1部屋+2階1部屋+3階2部屋タイプのデメリット

・土地の間口が狭い物件に多い為、家具の配置が難しい。

・部屋がLDKとつながっているので部屋として使用することが難しく、結局は大きい3LDK扱い。

LDK部分が広く使用できるというメリットがある分、2階の洋室を部屋として区切り事が難しく、どうしても残りの3部屋を部屋として使用する形になります。つまりはLDKがすごく大きい3LDKなのです。

4人家族が子供の部屋を用意する為に購入した戸建てですが、LDK部分の部屋を分けられない以上誰かが我慢しなければならないのです。つまりは4人家族以上の方が購入するにはちょっと狭い間取りなのですよ・・・・

 

まとめ

2階建ての場合はまだまだプランの幅が有りますが、3階建てについては土地が狭い分、プランの3パターンしかありません!!*たまに3階3部屋はみかけるけど・・

歳をとっているのに、2階水回り物件を購入したら階段の上り下りを覚悟しなければならないし、5人家族で3階建てを購入するときに、2階がLDK+1部屋のタイプを選んでしまえば手狭間が生じてしまいます。

ゆえに3階建ての物件を購入するときは、この3パターンのメリット・デメリットをあなたにあてはめて購入していけば、購入する物件の間取りとしては後悔する確率がグーッと減るので、3階建てを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事が役に立ったと感じた方が、シェアかハテブ等をもらえると嬉しいです。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です