ハウスメーカーの営業が提示する坪単価を比較するのは意味がないってホント!?



注文建築を考えている方にとっては建物の坪単価が高いか安いかを、他のハウスメーカーで比較すると思います。

それはそうですよね。坪単価はお値段にダイレクトに響く部分なので、一番重要な部分であることは間違えありません。1円でも安く買いたいしね。

住宅展示場に訪れて、お客であるあなたが担当の方に何を聞いていいかわからず、多くの方がやらかす一番最初の言葉とは・・



「お宅の建物の坪単価はいくらですか?」と聞いてしまう事!



この質問結構やりがちですよね?実際建売業者であれば、正確な回答で帰ってきます。大手のパワービルダーであれば40万代と帰ってくるでしょう。

しかし注文住宅を建てるハウスメーカーにはこの質問は愚問だと思ってください。正確には坪単価を聞く順番を間違えております。

なぜハウスメーカーの営業に坪単価を聞くことが愚問なのでしょうか?ここにはしっかりした理由があります。更に坪単価を確認するタイミング把握することで、効率よく各ハウスメーカーの建築費を比較することができます。


スポンサーリンク

まずはあなたの希望の間取りを担当の営業に伝える!


お宅のハウスメーカーの建物は坪いくらかかるからではなく、あなたの希望の建物を建築できそうなハウスメーカーかどうかを見極める必要があります。

当たり前ですよね?いくら安くても希望がかなえられないハウスメーカーであれば購入する意味がないです。てかそれなら建売住宅を強くお勧めします。

最初にやるべきことは、

希望の間取り・仕様を取り入れた

プランを作ってもらう。



なぜ最初にそんなことをやるかというと、あなたに重要なのは、ハウスメーカーの抽象的な坪単価ではなく、あなたの希望のプランで家を建てた時の坪単価を知りたいはずです。

そして希望の使用を取り入れたプランでの金額を出してもらう事で、あなたが本当に必要な坪単価を知ることができます。⇦(ここではまだ金額交渉は行わない)

坪単価なんてあなたの間取り・希望仕様・土地によって大きく変わる。


坪単価とはただ単に畳2枚分の建物を建築する費用ではなく、建物内の必要な設備「キッチン・トイレ・ユニットバス・その他設備」などを取り付ける費用など、また建物の構造によって大きく変わってきます。

建売住宅であれば、構造・設備・間取りが決まっているため、単純に社内規定に基づいて坪単価を回答することが可能です。実際私たちは坪50万円(上下水引き込み・地盤改良含)で回答しております。

しかし注文住宅の場合はそうはいきません。なぜなら・・



あなたの希望で仕様等がすべて変わるから



私の親が家を建てる際に、最初聞いた坪単価が50万円台だったらしいのですが、キッチンのグレードアップ・ロフト追加・和室追加など色々オプションを付けていたら、最終的には材料費の高騰もあり、坪60万以上になってしまいました。坪50万から坪60万になる事で、建築費が300万円もアップしておりますよね。

また逆に総額があがるけど、坪単価が安くなるケースが有ります。それは建物を大きくすることです。建坪30坪の住宅を建てるのと建坪50坪の住宅を建てるのでは、坪5万円ほど50坪で住宅を建築するほうが安くなるケースもあります。

ホント!坪単価なんていくらでも変えることなんてできるんだから・・(経験談)

ハウスメーカーの営業が言う坪単価、あなたの希望で数字がいくらでも変わる!!

大事なことなんで覚えといてください。もう一度言います。

ハウスメーカーの営業が言う坪単価、あなたの希望で数字がいくらでも変わる!!です。

建築予定の土地はどんな規制がかかっているか?

スポンサーリンク


建築予定の土地によっては、坪単価が変わってくることが有ります。例えば22条区域と準防火地域では、大体坪5万円くらい建坪単価が変わってきます。準防火が防火地域になればさらに10万円も変わってくるでしょうね。

それ以外にも、地盤改良が大変な土地など・・・

詳しくはこちらの記事を読むことをお勧めします。

その土地は購入してホント大丈夫?現役不動産屋が教える土地購入の5つの注意点
毎日建売用地を求めて、不動産業者を1日6社回っている秋です。注文住宅を検討しているあなたは土地が見つかりましたか?なかなか見...


作ってもらったプランを持って同業他社とで比較してみる。


上記で作ってもらったプランや資金計画などが気に入らなければ、同業他社にそのプランを持って行って坪単価を算出してもらう手もあります。あなたの希望しているプランニングをすでに作ってもらっているので、同業他社ではいくらでそのプランニングで建てることができるかを確認することができます。

他社によっては工事費用が大きく異なるので、多少の仕様変更があっても予算内で希望のプランで建築することができるかもしれません

他社で希望するプランで建てた場合の金額がわかったら、そこから金額から建坪数で割れば、あなたが本当に必要な住宅の坪単価がわかります。

坪単価を聞くのは最後です。


まとめ

建坪単価というのは、初めて家を購入する方に解りやすく伝える言葉であることは間違えありませんが、それゆえに本当に必要としているプランを立てる時の金額は、坪単価で予想していた金額と大きく異なり予算オーバーしてしまうことが多々あります。

そのギャップゆえに注文住宅で家を建てるのを諦める方も多いのも事実です。しかし最初から希望通りのプランで金額を算出して、他社比較検討してみるのもいかがでしょうか?

その中で、信頼ができる営業マンが見つかるといいですね。

この記事が役に立ったと感じた方が、ハテブやコメント等を頂ければ非常にうれしいです。



最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク