不動産投資を始める方必見!IT重説開始で賃貸住宅の取引がどう変わる?




2015年から賃貸住宅の取引するのみだか、試験的に始めていたIT重説が今年の10月から導入されるらしい。

IT重説とはインターネットを使用したテレビ電話なとのツールを利用して、契約前に必ず行わなければならない重要事項説明をやってしまうという制度ってこと!



賃貸住宅にとってみればメリットでしかない制度だと思う。

IT重説はどこでも契約することができるので、お客がわざわざ不動産屋に足を運ぶこともなく、部屋探しが出来るのは非常に便利な時代になりました。

こうなると、極端な話SUUMOの写真だけで契約してくれる人も出てくるわけです。

これって私たち不動産投資家やサラリーマン大家にとってみればチャンスじゃありませんか?

そこで今回はIT重説が賃貸住宅にもたらす可能性をお話したいと思います。

スポンサーリンク

IT重説が始まれば賃貸取引が増える!?


私が賃貸取引でIT重説を行う最大のメリットは取引が増えることにあります。

今までのお部屋探しはレ●パレス21や大●建託などの不動産屋に行き、物件を紹介してもらうスタンスでした。

しかしIT重説が始まればSUUMOなどのプラットホームだけで部屋探しが出来てしまいます。

何故ここまで取引の内容が変わってくるのでしょうか?

理由はこれです。

物件問い合わせから契約までの作業をITだけに統一したことが挙げられます。

近年インターネットやスマホが発展するにつれて、メールだけで部屋を決める人が爆発的に増えている状態です。

しかも上記の部屋探しは最近のトレンドになっているだとか!私には信じられないです。

要は立地と家賃以外にこだわりが無く、どこでもいいので早く決めたい方が増えてきているのです。

ただ今まではどうしても不動産屋にいかなければならない時がありました。

そう・・重説の時です。

わざわざ交通費を払ってまで、不動産屋まで足を運ばなくてはならないのです。これは確かにめんどくさい。

この面倒くさい業務を取っ払ったのがIT重説です。

すべてをITに統一することで便利になり、不動産屋に行かなくてもいいという意味で部屋探しの敷居が下がります。

そうすれば不動産屋に行くのに億劫になっていた潜在的なお客様もお部屋探しを始めるようになりますので、結果的に賃貸取引の流通も増えます。

不動産投資をしている私達にとって、賃貸取引が増えるIT重説はチャンスなんです。

私達たちに出来ることはあるのでしょうか?

IT重説開始に備えて何が出来る?

スポンサーリンク


私はIT重説に対して出来ることは2つあると考えております。

投資物件から近いIT重説が使用出来る業者を調べる


IT重説が使えるのは国に登録された業者だけになります。今年の10月からどの業者もIT重説が使えるわけではありません。

オススメとしては、投資物件の近くでIT重説に登録された業者を探すことをオススメします。

何故なら、あなたの投資物件を借りてくれていた人が退去してしまった場合、その業者に客付けを依頼する事ができます。

管理会社がやってくれる場合は、特に必要ないですが、自分で管理しているのであれば、是非IT重説を登録している業者は強い味方になってくれるはずです。

次の対策が一番大事!

SUUMOに載せるベストな写真を撮り、管理会社、客付け会社に使用してもらう。


これは非常に大切です。何故なら物件に問い合わせをする理由は写真の良し悪しで8割以上が決まります。

物件売買でも同じです。不動産屋によってはカメラマンを雇っているぐらい重要(笑)

カメラマンの写りの良し悪し以外にも、実際に投資物件に住んでみてあれば便利なもの(スーパー、コンビニ、駅前の施設、病院ete…)などの写真があれば、お客様はなんとなく自分がそこに住むイメージができます。

これが大切です。人間はイメージできないものには、行動を起こさないという習性があります。

IT重説が始まれば、不動産屋に来店することが減るため、不動産営業マンから別の物件を紹介するされることが減ります。すると必然的に問い合わせした物件で契約が増える事が予想できます。

よってSUUMOなどのプラットホームを強化する事は空室リスクを下げることと同じ事を意味します。

もし地方物件の長期空室で困っているかたは、安易に家賃を下げるのではなく広告の仕方を管理会社と一緒に考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

IT重説の開始で賃貸住宅の取引がかわると私は本気で思っております。

不動産業界は他の業界に比べて、インターネット広告の技術は10年遅れていると言われています。

IT重説で取引をインターネットの一本化で賃貸住宅の取引が増えれば、サラリーマン大家の私としても嬉しいです。

でも売買取引のIT重説はデメリットでしかないので、そこのところ宜しくです。

おいおいIT重説って?不動産売買取引で考えるとデメリットでしかないだけど
IT重説が今年の10月から賃貸物件と法人取引のみで施行されるみたい。賃貸物件のIT重説はメリットのほうが多そうだけど、売買に関してはIT重説...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク