FP3級ごときで名刺載せる奴って何なの?今すぐ辞めるべき3つの理由


こないだまでファイナンシャルプランナー1級の勉強をしていた秋です。ある事をきっかけにFP1級を勉強するのをやめました。

こないだ仕事で銀行員と名刺交換をしたときに、ファイナンシャルプランナー3級だけの資格を名刺に載せている方がおりましたが、私はこれにものすごい違和感を感じました。

FP3級で名刺に乗せるって何(笑)

 

恥ずかしくない?

 

しかも金のプロである銀行員ですよ・・・・せめて貸金業務等があればまだましだけど、心の中で笑ってしまいました。すみません。

私はファイナンシャルプランナー3級をとって約半年以上経ちます。確かに勉強しなければ取れない資格ではあるけど、はっきり言ってFP3級ごときでは名刺に記載する資格ではありません。

今FP3級の試験に合格して名刺に乗せようと考えている方は今すぐやめましょう。

いややめろーー

理由は3つです。

 
スポンサーリンク

FP3級は誰でも簡単に取れる資格だから


確かに勉強をしなければ取れない資格ではありますが、FP3級は一般の方が毎日ちゃんと2時間の勉強を一カ月続ければ、必ず合格ができます!!

 

断言します。

そもそも国家資格なのに合格率が7割もある試験なんて聞いたことないですね。雑魚試験といわれている宅建ですら15%以下ですからね。ちなみに2017年1月の合格率が実技と学科両方含めて67.20%の合格率でした。一昔まで8割以上といわれていたんだけど少しは難化しているのかな?

確かに国家資格ではありますから、載せたくなる気持ちもわかりますけど、マジでやめたほうがいいです。FPの資格の事を知っている人からしてみると笑い者扱いです。

勉強する努力は素晴らしいですけどね。名刺に乗せるのはまだ早いっす・・

FPの以外に他の資格を持っているの?

 

FPの資格は主婦や大学生等に人気があるみたいですが、私からしてみてはFPの資格単体だけでは全く役に立たないだろって話です。

そもそもFPは独自業務の権限を与えられる資格ではございません。例えば宅建であれば、住宅を購入するときに説明する重要事項説明が読めるようになる。社労士であれば社会保険等の申請を行うことができる。税理士であれば確定申告書をお客様に作ってあげることができます。

しかしFPにはそれができません。FPはあくまでも法令上で定められている法律を教えてあげることができますが、いざ書類を作ってあげるなどの代行業務は一切認められていないのです。

FPは社会保険・保険・金融・税金・不動産・相続の6科目を広く浅く勉強していきます。故に私のように住宅を販売するような人間であれば、宅建以外にFPを取得することで、住宅購入だけの資金計画ではなく、入居し始めた後の事(相続・保険)等の相談ができるようになるのでお客の信頼があがります。

実務経験の資格にプラスしてダブルライセンスとして活躍するためのFPです。シングルライセンスだけで持っていても活躍の場は少ないです。

 

FP3級を合格したくらいで仕事につかえるの?


一番名刺に載せてはいけない理由が3級レベルの試験内容じゃ仕事で全く使えないってこと。

名刺に資格を載せるってことは仕事で聞かれた時でも答えられますよって言っているものですからもしお金の相談が仕事でもらったとしてもFP3級の内容では満足な回答はできないでしょう。

あくまでもFP3級は生活で必要なレベルの勉強範囲。

残念だけどこれは現実です。例えば社会保険料のことについては1号保険・2号保険・3号保険の特徴や税制については勉強しますが、肝心な年金がもらえる額の計算は2級から勉強します。

恐らく老後が気になる方が一番心配しているのは、年金がいくらもらえるかですよね?年金がもらえる額をざっくりでも計算ができれば資金計画をアドバイスすることができますが、年金の額がわからなければ老後のアドバイスをすることができないのです。

税金についてもそうです。親からの住宅資金援助がある場合は節税するアドバイスをしなければなりませんが、3級の知識ではそれを説明することができません。

名刺に載せるとしたら最低でも2級からですね。

 

じゃあFP3級の資格は要らないのか?⇦いや必要です。

スポンサーリンク


上記でFP3級の資格を散々DISってきましたが、FP3級の資格を取得する事は大賛成です。私がダメなのは3級ごときで名刺にのせるなって話で、3級の資格をとるなってことではありません。

FP3級の試験に合格すると、最短でFP2級の試験が受けられるようになります。FP2級の受験資格として実務経験が1年必要になりますが、FP3級に合格していれば2級を受験することができます。

試験勉強面でもいきなりFP2級を勉強するのは厳しいです。なんせ6教科もあるんですから基礎知識を3級で身に着けてからFP2級を勉強したほうがいいです。私はFP3級から受験したため、FP2級をたった一日2時間の1カ月弱の勉強で合格することができました。(しかも8割以上の点数)

通常FP2級の合格するための勉強時間は150時間~200時間といわれているので、私は100時間以下の勉強時間で合格したことになります。

いきなりFP2級を受けるよりも勉強効率としては3級を受けたほうが合格率は高いので、FP資格取得するならまずは3級から受けてみてはいかがでしょうか?

3級のテキストはみんなが欲しかったFPの教科書が非常にお勧めです。私もこれを使って1週間で合格しました。私の場合は不動産と相続については宅建で勉強していたのでこの教科書で勉強はしておりませんが、初めて勉強する社会保険と金融についての説明がとてもわかりやすかったです。

この教科書のモットとして暗記などの点で覚える教科書ではなく、難しい制度の説明をゆるい絵やグラフを使って説明がされているので覚えやすいし忘れにくいので、暗記で覚えるのはちょっとって思っている受験者に絶対にお勧めしたい教科書!!

みんなが欲しかった!FPの教科書3級(2017-2018年版) [ 滝澤ななみ ]

まとめ

FP3級を名刺に載せてはいけないについてはいかがだってでしょうか?最近の若い人(自分含めて)は資格取得を優先事項に考えてしまう傾向にあります。大事なのはお客様に役に立つ実務経験があってこその資格です。実務経験の乏しい3級ではまだ役にたたないのです。

さっさ2級合格したら名刺に載せればいいと思います。

この記事が共感できたと思った方は、コメントやシェアなどを頂けると非常にうれしいです。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。
みんなが欲しかった!FPの教科書3級(2017-2018年版) [ 滝澤ななみ ]


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です